うつうつ母ちゃんの気晴らし趣味

 

うつうつ母ちゃんは
数年前と10年前くらいに
うつ病になりました。

たぶん両親の仲が悪い家庭で育ち
信頼関係のない状態だったのと、
安心して暮らせるような環境ではなく
何かしないと認められないと言う
そんな環境で生きていることへの不安から、
人の思いが交錯する場面に出くわすと
無意識にそこをすり合わせようとしてしまう癖があって
それでいつの間にか消耗しているんだと気づいたのです。

なんというんですかね、
表面上はうまくやってるけど
心の奥底で不満をため込んでいたり
不信感があったり、そういうの
敏感に察知してしまって何とかしなきゃって思っちゃうんです。

自分のことに集中していられればいいんだけどね。
ほんと、ここまでよく生きてこられたわ。

スポンサードリンク

そんなこんなで
パワーが焼失した状態である鬱の状態は
他人の思いがくみ取れなくなるので
ある意味とても楽です。
何もできなくなることがとても辛かったりもするけど
それ以上消耗しないでいられるように
身体が防衛してくれてるような気もしたりします。

で、うつには繰り返しの作業とか、
コツコツやってると達成感が得られる
編み物のような手仕事が
とてもお勧めなんですね。

それで出来たものを人にプレゼントして喜んでもらえたり
そんなことが生きる希望に繋がったりするんです。

誰かのためにとかじゃなく
自然にしたことが
人の役に立てたとき、なんか私は嬉しくてね。
そんなに頑張らなくても良かったんだなって思えたんです。

スポンサードリンク

結局性格なので
多数が集まる場に行けば
すぐに消耗してしまうのですが
最近何も手につかないな、考えられないな、
そんな時に今までは
あぁ、怠け心が出て来た。もっと頑張らなきゃって
追い込んでいたんだけど
そうじゃなくって
あ、疲れてるのかな、休もうって思えるようになってね。

ドキドキしたけど休んでみたら
みんなはもうすでにすごく頑張ってるってことを認めてくれてて
何なら、みんな、やれるようにやってるだけだと言うことも分かり。
やれるようにやればいいっていうのが分かったのでした。
自分に優しくしてよかった。

私はいつも無理をするから
人を責めたくなるんだなって気づきました。

常に頑張ってるから、常に人を責めてるけど
いつもいつも、一番に自分のこと責めてたね。
ほんと可哀そうなことした。

もっと周りに頼って、楽に生きていきたい。

スポンサードリンク

最近はまってるのが
りふ編みと言う編み方。

友達が、「フラワーオブライフ」にしか見えない!と
絶賛してくれたりして、そんな交流も楽しい。

人のことをどうにかしようとすることにエネルギーを注いでないで
自分のこと楽しませることにエネルギーを使おう。

そんなことを思う今日この頃なのでした。

あぁ、でも、最近またパワーダウンだな。。。

楽になる日は来るかしら。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です