さくら観光のJAMJAMライナー名古屋→東京間1750円夜行バスの感想。

夜行バスを使用するようになり、どんなタイプの夜行バスがあるのか
せっかくだから体験しようと思って
高速バス予約サイトで検索して
ネット予約を利用しています。

前回利用させてもらった青春ドリーム名古屋号は
事前に便の変更とか簡単に出来たけど
今回の夜行バスはお得なチケットだったため
予約の変更やキャンセルが出来ませんでした。

急遽予定が変更されることもある私達にとっては
ちょっぴり利用しにくいと感じた今回の旅。

具体的にはどうだったのか、体験レポしたいと思います。

 

スポンサードリンク

さくら観光のバス乗り場

さくら観光の夜行バスは、名古屋だと新幹線の改札のある側、
太閤口の前の、ゆりの噴水付近が集合です。
オレンジ色やレモン色のベストを着た案内のスタッフさんも
沢山いて、スマホの予約画面を見せたら
どこに行けばいいかも親切に教えてくれました。

ゆりの噴水広場から、バス乗り場までは、JRのバス停を超え
10分くらい歩いたところに移動して、乗るバスに案内されました。
オレンジベストのスタッフさんが沢山いて、ボランティアさんなのかな。。。
安いバスだったけど、すごいサポートだなと。
これは名古屋だからなのか、この会社だからなのかは謎です。
どなたか知ってたら教えてください。

さくら観光のバス、他にも同じ時刻で2台出発予定でしたが
シートタイプが良さそうな5000円クラス、8000円クラスの
バスもあるみたいでしたよ。
この値段出すなら、私は新幹線を利用したくなりますが
ディズニーランドとか一日中思いっきり遊びたい!と言う人には
夜中のうちの移動をしてくれる夜行バスは魅力なのかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

 

JAMJAMライナーに乗った感想

 

今回は、正直かなり安いチケット(1750円)だったので、
不安だったんだけど
ちゃんと予約も出来ていたし、
案内のスタッフも専属の人が二人いました。
利用客も沢山いて、バスの座席は満席。
やはり、安いのはありがたいです。
運転も優しい感じで、ギアチェンジがスムーズ。
安心感がありました。

娘と二人で、バラバラになったら私がついていく意味がないので
座席指定を利用しました。
別途200円とか300円とか席によって
かかりましたがそれはもう必要経費と思うことに。

さくら観光でも、バスのレベルはピンキリで、
今回のバスは観光バス使用か?くらいの狭い硬いシートで
ブランケットも無料で付いてたけど、
身体が覆えるほどの大きさではなかったので
ちょっと寒かったです。
あと、トイレはバス内にはなく、サービスエリアでのお手洗いになります。
車内トイレを利用したことは無いけど
良くおなか痛くなる私なので、長時間移動には、
トイレがついてるのは安心ですね。

 

そして、社内消灯はしてくれるんだけど明るさ具合は
青春ドリーム名古屋号と比べたら暗かったです。
が、なぜか明かりがどこからともなくもれるから
なかなか眠れないですね。

今回は座席も落ち着かず、さらにシートが硬く
狭かったので体の収まりが悪いのと
停車駅が多かったのがあって、熟睡する機会はありませんでした。

持って行ってよかったもの

 

夜行バスに今回はアイマスクを持参したんだけど
これは正解かも。
100均で購入した、耳にかけるんじゃなくて頭の後ろで
マジックテープで止めるタイプにして
目もふっくら覆ってくれるのにしました。
これ快適です。

一個ずつしか買わなかったので、東京でもう一つ買いましたよ。

あとは、枕。

これも100均で一個買ってたんだけど、
頭をどこに持って行っても収まるので
ほんとありがたいグッズ。
バスの中では空気を入れて使えて
それ以外は空気を抜いてコンパクトに収納出来たので
持ち運びも抜群でした。
これも東京で追加で購入。空気を入れて使うタイプ素敵です。

無印のやつとか、すごく迷ったけど、100均で充分というか、
使わないとき収納スペースを摂らず軽いのはほんとありがたかったです。

 

このアイマスクと枕のおかげと
帰りは違うバスで行きよりランクが上だったのが幸いして
爆睡できるくらい快適でした。

娘も、初めてバスの中で眠れたみたいで。

これがアイマスクと枕のおかげか、たまたま疲れてただけか
そのあたりは分からないけど、
2000円切るバス料金のバスは、観光バス並みの設備に
なってしまうなと。

 

さくら観光のバスで良かったこと

 

さくら観光のバスで良かったのは、車内アナウンスがないから
いちいち起こされない事。
今がどこなのか分からないから、それはちょっとドキドキするけど
夜に眠れるよう配慮してくれるのはありがたいなと思います。

 後、設備。コンセントが電源コンセントだったのです。
USBのコンセントじゃないので、
充電器の充電も出来てとてもありがたかったです。

 

スポンサードリンク

 

まとめ


今回は夜中の移動でほぼ無睡だったので、とてもしんどくて。
新宿のネットカフェで8時間休憩しました。
これ、安いバスで行った意味あるのか??と疑問に思う感じで。

ただ安いからと飛び込むのも、逆に高いなと感じたり
なるべく節約したいからと思いすぎると心が荒むなと。
実体験したのでした。

今回は、夜眠れなかったら読書でもするか‼と思って本を持って行ったけど
それはさすがに暗くて無理でした。
手元に読書灯があるみたいだったけど、それよりは目を閉じていたかったし。

朗読してくれるアプリもあるらしいので
おいおい試してみようかな。

時間のつぶし方、考えたいな。

 

まだ、青春ドリーム名古屋号と、さくら観光のバスしか
利用してないけど、夜行バスにもいろんなタイプがあって
夜中に移動してる人もとてもたくさんいて
新しい世界を垣間見てるみたいで毎日刺激的。

その分帰宅してから死んだように眠るんだけど
この生活、健康で続けられるだろうか。

だけど、遠いから、お金かかるから、と諦めていたことを
知ることで諦めなくてもいいんだ!と分かった時、
とてもうれしかったから、
バスを利用したことない人で、この情報が役に立ったら嬉しいなと思います。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です