もしかしたらコロナ鬱?~何となくやる気が出ないあなたへ~

こんばんはひーかあちゃんです。

最近、もしかして鬱??っていう人から
相談されることが多いから、
思うことを書いてみます。

誰か悩んでる人の参考になれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク

 

2月の終わりから、コロナウイルスの影響で
毎日の当たり前がことごとく変化していった3か月が過ぎ、
今急に日常に戻らなきゃ行けなくなって
心がついていけないなと感じたり
モヤモヤしたりしてる人も多いですね。

コロナで自粛になった時もコロナ鬱って言葉が出たけど
元気で思い通り生きてた人が
急にやりたいことがやれなくなった苦しい気持ちが
鬱々になる方へと行ってしまったのだろうと思います。

切り替えて家で楽しめた人は大丈夫だったと思うけど
出かけないといられない人も、心は落ち込んだかもしれないですね。

 

そして今、自粛解除が急に早まって、
学校が行きたくて行きたくて待ってました!っていう子供は
喜んで登校したと思うけど
気が乗らなかったりもともと学校が苦手な子は
休める理由がなくなって、自分の心に気づいてしまったから
余計苦しいってこともあるかもしれない。

今度はそっちの鬱が増えてるようです。

みんなも頑張ってついていってるから、
自分も頑張らなきゃ!と。

自分のペースでは生きづらい世の中だけど
一人でも勇気を出して、このペースはしんどいと
口に出してくれたら、社会は少しずつ変わって行くのにな。
そんな風に思います。

 

スポンサードリンク

うちの子は、みんなと同じ休みだった時に
安心したのか、
いったん元気になったけど
始まる!ってなった時
またみんなから遅れてしまうと言う事で
鬱っぽくなってしまいました。

眠れないだけじゃなく、やる気も出なくなって来たんですよね。
好きな事だけはやれていたから、それすら楽しめなくなって
すごく心配したけど
もう人と同じペースで歩まなくても良いって思ってたから
対応も以前よりは落ち着いて出来たと思います。

不登校の子は、そんな感じだけど
登校していてもいろいろ悩みを抱えてて
外に出せないだけという子はたくさんいますよね。

最初はまだら登校だったけど
一週間もしないうちに日常に戻りました。
習い事も再開され、
急に家で体力も落ちた生活をしていたのに
張り切った大人に振り回され
疲れ果ててるお子さんも多いかもしれません。

大人は休みで充電できたかもしれないし
先を見通して行動できたかもしれないけど
子供は、先の見えない不安に加え、
勉強は課題を出されて自力で頑張れと言われ
遊んでたら親に注意され、
外に出る事は難しい。

やりがいとか、やりたい事とかも
野球やサッカーなど中学も高校も集大成の大会が中止になり
目標を見失った人も多いと思います。

コロナが終息したとはまだまだとても言えない状況で、
安心して勉強に励めるわけではない。
オンラインの準備も着々と進んでる。

 

そんな今まで通りじゃない生活の中で
親も先生も不安を抱えたりストレスを抱えてるのだから
子供ならなおさらだと思う。

 

そんな時に、ちょっとやる気が出ないとか
やりたくないとかいった気持ちが出るのは
当然と言えば当然なのかもしれないですよね。

 

人間はそこまで強くないです。

不安をずっと持ち続けながら頑張ってしまったら
心は枯渇してしまう。

もうこれ以上頑張れないよ!ってなってしまうんですね。

 

この自粛期間に自主的に動けた子は
そうでもないかもしれないけど
休みだ!いぇ~~い!と遊びまくったあとの学校は
結構つらいのかもしれないですね。

 

それまで何かしら頑張ってた子も
やる気を失ってしまったり
何のために頑張ってるのか分からなくなってきたり。。。

 

スポンサードリンク

 

人は幸せになるために生まれて来たのだそうです。

 

そして、生きてて呼吸が出来て幸せ!
と感じながら生きられることが
一番の社会貢献で世界平和なんだとか。

そうですよね、思い通りにならないことがあっても
でも、ある方に目を向けて
風雨をしのげる家があって、ゆっくり温かい布団で眠れて
食べ物に困らなくてお風呂にも入れて。。。
そう切り替えられた人が多ければ
戦争は起きないと思うもん。

仕事を失ってしまいそうだったとしても、
でも元気がある!と出来る範囲の収入の得方を
模索してる人たちを見て、とても勇気をもらったし
生きてるって助け合いなんだな、生かされてるんだなって
本当に感じたんだよね。

そういうことを感じられることが幸せだと思うんだ。

そして、生きてる意味にもなって行くと思う。

 

でもね、それを聞いたとき、

目からうろこでしたね。

そうなのか、と。

こんなに簡単に幸せではいけないとどっかで思ってました。

幸せになるのは大変な事なんだと。

 

何かを達成しなければいけないとか
何かが出来ないといけないとか
名誉ある地位を得ないと幸せではないとか
そういう価値観でいつまでもいるから
苦しくなるのだなと。

そう気づいたときにやっと
子供のやりたいへの応援が心から出来るようになった気がします。

親の価値観って子供にめっちゃ影響する。

 

親がそのままを受け入れる愛に溢れていたら
子供は本来の自分のままで安心感の中で
成長していけるんだと思う。

 

皆さんのお子さんはどうですか?

 

やりたい事をやってますか?
親の言う事を聞いてやってますか?
親を悲しませないためにやってますか?
お子さんの足で歩いていますか?
お子さんの学歴や経歴が親のステータスになっていませんか?

貴方は幸せですか?

お子さんは、弱いところを見せてくれたと言う事は
信頼してくれている証拠だと
感じる事は出来ますか?

なに甘えたこと言ってるんだ!!と

切磋琢磨させたくなる気持ちはとても良く分かるけど、

親にくらいは、弱音を吐いて疲れたら休める防波堤として
存在してあげたいですよね。

 

 

もしかしたら、子供が見せてくれてる世界って
大人への何かしら気づいてほしいと言う事のメッセージなのかもね。

ほら、こっちのほうが幸せだよ!って
教えてくれてるのかも。

昔、頑張りすぎた自分への、癒しがそこから始まるのかもしれないね。

誰でも弱い部分は人に見せたくないもの。
それを勇気を出して見せてくれてるのだから
受け取ってあげたいなと私は思います。

というか、この3年の経験を経て、やっと本気で
そう思えるようになりました。

 

大人のがちがちの価値観で子供を縛る方向じゃなく
子供のそのままをすっと伸ばす方向へ
導いてあげたいものです。

 

ではでは、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です