プロアクターズラボのオーディションに行ってみた。女優を目指したい!そんな人にお勧め!

おはようございます。
娘が体調を崩し自宅で過ごすようになってから
かれこれ3年が経とうとしています。
毎日が手探りで、未来が見えなくて不安になることも多いけど
娘がやりたい!っていうことを見つけたときは
本当にワクワクするし、
いろんな世界が見られて楽しいです。

中学2年の4月には一か月ちょっと韓国にダンス留学して来た娘。
次は演じることに興味を持ったみたい。
演技のレッスンを受けたい、
オーディションをたくさん受けてみたいと言って
見つけて来たのが
「プロアクターズラボ」でした。

昨日オーディション行ってきたので
レポしたいと思います。

スポンサードリンク

プロアクターズラボはどこにある?

 

プロアクターズラボは、
東京の渋谷駅から徒歩10分のところに事務所があります。
俳優、女優を育てる芸能人養成所です。
そして、新人の役者と芸能界を繋げるマネージメントもしてくれてます。

NHKホールも近いですよ。
道はさんだ向かい側は、雑誌「ムー」の編集部があります(笑)

どんな会社?

 

学校でも、改革を起こしている校長先生がいますが
その、芸能界バージョンといったところでしょうか。
時代はどんどん変わっていきますね。


古いしきたりの芸能界で、才能ある若い子の芽が
つぶれてしまう現実を目の当たりにし、
これではいかん!!!と立ち上がり
芸能界に新しい風を起こしている新しい会社という印象。

「もう事務所のネームバリューだけで案件をもらえる時代は終わった、
今は個人の実力でちゃんと見てくれる」

昨日の面接で言われた言葉。

一部の恵まれた人だけが見れる世界ではなく
自分の努力と実績と、実力で評価してもらえる。

「人をうらやんでる暇があったら自分の実力を磨こう!」
それもとても心に残った言葉でした。

気になる費用は?

HPにも書いてありますが、
説明会や面接に行くと、料金の説明もしっかりしてくれます。

他の大手プロダクションだとほぼ必要な入所費用は無し。
月謝が月8コマのレッスンを受けるのに3万円です。
今思えば子供の習い事としては高いのかも。
でも、仕事と思えば?ヨガのインストラクターを取るために
20万近く払いますし、管理栄養士資格を取るための大学は
学費その他で400万はかかりますから
仕事の勉強と思えば安い方かもしれないです。

入学金、授業料なども、これいるか??必要か??そういう観点から
無駄を全て取り払い、利用者に一番利用しやすい形を作ってくれていました。

芸能界って、、、私はちょっと怖かったんだけど、
話を聞いているうちに、ここは娘が本当にやりたい!ということを叶えてくれる
夢の場所なんだって思うようになりました。

オーディションはどんなことするの?

 

オーディションは、カメラの前で演技をして、
それを録画して見せてくれました。
で、その時だけでも、映像で大切なことを教えてくれて。
どうやったらオーディションで受かるのかと
映像で必要なスキルを徹底的に教えてくれる印象です。

そして、実績をどんどん作って行ってほしいから
芸能案件がどんどん振ってもらえる。
「現場で学べ!!!」
ある種職人のような厳しさもあるそんな場所でしたが、
専門学校とか、他の養成所に行って3年とか勉強に費やし
ん???ってなることなく、
自分さえ見失わなければ、やりたいことが最短で叶う場所だと感じました。

勿論実力は必要なので、コツコツ日々努力が必要だけど、
それはどこの業界を目指す場合でも必要ですもんね。

 

 

スポンサードリンク

プロアクターズラボ期待の新人はこの人!

 

 

 

 

 

今、このプロアクターズラボで演技の技術を学び、一番売れた人が鳴海唯さん。
NHKの朝ドラで主人公の妹、明美役に大抜擢された期待の新人です。

 

 

 

現在すでに映画の仕事も決まってるみたい。

 

最初はコツコツと小さな芸能案件からこなしていたそう。
映画「ちはやふる」のエキストラの仕事で、
憧れだった広瀬すずさんと、
ふとしたきっかけで話かけてもらえて
飛んで喜ぶくらい広瀬すずさんのファン。
握手会とかにも参加していたみたいです。
それが妹役で同じ土俵に乗るんですから。
ほんと分からないものですね。

プロアクターズラボのシステム

 

プロアクターズラボは、フリーランスで働けるシステムを作ってくれてます。
事務所に所属する形ではなく、最初は個人で活動できるため、
現場で他の事務所の監督さんとかに見染められたら、
その仕事を受けてもOKだそう。
これ、中々難しいと思うんだけど、自分のところで育てた子を
他のプロダクションに使われるのって嫌がる会社が多いと思ってたけど
それよりも、本人の可能性を応援してくれるんですね。

他の場所から案件をもらったら、怪しいところじゃないかとか
調べてくれるので、相談してね、って。
マネージャーさんも、芸能界が慣れない私達にも
質問すれば親切に教えてくれましたよ。

芸能事務所には所属出来るの?


新人からコツコツ頑張って、大きな仕事が入るようになり
個人でやるには難しいくらいの規模になったら
事務所にも所属して、サポートしてくれるそうです。

 

プロアクターズラボの弱いところ

 

今のところ、所属してるのが高校生以上で
大人の方が多いので、練習用の台本が大人向けです。
中学生以下の子が勉強するにはかなり大人を求められます。
逆に中学生役、とか子供の役とかの練習は出来ないので
年齢的にまだ小さい子が目指すのは、今のところ
違う事務所のほうが良いのかもしれません。
ですが子供の時から芸能界を目指す子がもっと入ってくれたら
改善してくれる点だと思います。

まとめと私の子育てへの想い

 

なんだか、芸能界ってとても不安でしたが
話を聞いて本当に安心しました。
もし何かあったら、自分に見る目がなかったんだと思います。


お金はもちろん払うけど、日本の学校って、
入りました。で??っていう学校も多いですね。
名前、ブランド欲しさに入るから、入学がゴールで
その後自分を見失ってしまったり、
卒業したはいいけど、中身がない状態だったり。
勉強の仕方は分かるけど、人とのコミュニケーションが取れなかったり。
大学に通う人も増えて、大学に行きました。だから何ですか?と
本当の実力を問われたり、恵まれてただけでしょって
足を引っ張られたりやっかまれたりすることも多いです。
よく聞くのは「東大出たのにその程度なのか!」ってやつ?

コツコツ頑張り屋さんの真面目な人が多いから、
そのやっかみも真っ当に受けて
期待に応えようとする人も多く、
体や心を病んでしまう人もいますね。
優しいだけじゃなく、人の期待に応えることで
自分の存在意義を確認してきていたんですよね。


東大ではないにしろ、この愛知県ではSSKといわれ
親が喜ぶお嬢様学校に入学した私も、
その大学に通ってるっていうだけで
ちやほやされた時代を過ごしました。
それを知らない人に「だから何??それ何??」といわれて
答えられませんでしたね。
「大学だけど」って言っても
「大学って何??」みたいな。
そんな場所があったのか、って存在も知らない感じでした。


頑張って勉強して、資格を取って働くことって
凄いことだと思ってたけど、
社会に出てみたらそんなこと全然なくって。

自分の力ってなんだろ、今まで頑張ってきたことは何だったんだろうって
トンネルに入ってしまったことがありました。

今ではそれも乗り越えて、本当に自分の環境に感謝できたし
やり切れてよかったなと思いますが、
子供たちにどう生きていってほしいのか、、、自分の考えは
本当になくなってしまいました。

子供たちの内側からあふれ出るやりたい!を応援する。
それが私の子育て論です。

 

話がずれてしまったけど、
プロアクターズラボはしっかり実力をつけてくれて、
現場とも繋いでくれて、実践も身につけながら歩んで行ける。

楽ではないけど、大変だけど、楽しいと思うよ!
マネージャーさんはおっしゃってました。

夢を見てそれに向かって頑張ってる人って
目がキラキラ輝いていて、自分を信じて努力していて
人のことやっかんでる時間があったら自分の演技力を上げようとしてる。
ほんと心地よい空間。

練習風景とかも見せてもらえたんだけど
その後話をさせてもらう機会もあり、娘と年齢も近くて
愛知県出身で、頑張ってる人がいて、
話が出来て、ほんと良かったです。

「中2でここを知られたなら、高校に寮のある東京の高校を選ぶことも出来るよ」
選択肢が広がることを教えてくれた。
自分が高校とバイトと通いの両立で大変なのに、
もっとこうしたら楽だよって教えてくれるって。

なんかうれしかったな。

芸能界って、親の反対を押し切って行く場所っていうイメージだったけど
その親の反対をしている時間と労力って本当にもったいないと思っていて。

夢があるなら試してみればいい。

そんな気持ちにまで行きつきました。

どうせ正解なんてないんだから。

夢が叶う人って、夢を諦めなかった人なんですよね。
いっぱい壁があって、乗り越えられないと思うような
大きな高い壁が、たくさん立ちはだかってる。
それを乗り越えて、コツコツ続けられた人にだけ
見られる世界があるんですよね。

「学校に行ってるだけでもいいや」
そんな言葉をよく聞く最近。ぼーっと学校行って
夢も希望もなくて、何となく毎日を過ごしてる。
そんな風でも過ぎていくけど
せっかくもらった命で、今でも生かされてるいのちなら
しっかり燃やして生きていきたいよね。

いろんな失敗を繰り返して
行きついた境地は、今はこんな感じ。

プロアクターズラボ、娘は契約する予定です。
愛知県から通うなんて、全然近いし、そんな人は結構多いみたい。
世界は狭くなりましたね。

月々3万円で、入学金もなく、現場の本当の役者さんが演技の指導をしてくれて
芸能案件がバンバンもらえる、そんな事務所は他には無かった。
月謝は一年分一括納入で、一年ごとの自動更新です。
もちろんそろそろ一年だけど、続けますか?とも聞いてもらえる。
高校みたいに授業料が返ってくることもないし
金銭的には厳しい道だけど
厳しい道の中では光がさしてる道だと思った。

根っからの表現者の娘。
ここでしっかり実力をつけて、夢をかなえてほしいな。
きっと叶う。そんな風に思わせてもらえる場所でした。

だって、親力関係なくって、自分の力で戦える場所だら。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です