星野源も引きこもりの時があった?復活したきっかけは?

今日、テレビを見ていたら、「一回周って知らない話」のゲストに
タレントの星野源さんが出演されてました。
今、私的には引きこもり、不登校など家で過ごす人の過ごし方が
とても気になっているのでとてもタイムリーな話題だったんだけど。
テレビでやっていた、星野源さんの引きこもり脱出のきっかけと
息子や娘の外出のキッカケをレポしたいと思います。

スポンサードリンク

 

星野源さんといえば、歌にドラマに大活躍の今話題のタレントさんですよね。 

細かな説明は、他のサイトがとても詳しくしてくれているので、
そちらにお任せしたいと思いますが、私が覚えている限りでも
もう2年も前になってしまうけど、恋ダンスは、娘が速攻覚えて
親子でよく踊らされました。
それをアレンジして、アクロヨガのパフォーマンスも作ったくらい
誰もが自然に体が動いてしまうなじみの曲だと思います。

その後も次から次へと話題になる新曲を出している星野さんですが、
高校3年生の時、引きこもりになった経験があるそうです。

少し調べてみたら、小学校の頃から学校には馴染みにくく
そのことからいじめにあい、パニック障害で苦しんだこともあったそう。
中学は、地元の学校ではなく、埼玉県の自由の森学園に入学された星野さん。
自由な校風ではあったけれど、小学校の時のトラウマでパニック障害を起こし
学校を休むこともあったり、そのまま高等部に進学しても
再びパニック障害が出て、不登校になったこともあったそうです。
それくらい、小学校の頃についたトラウマって根強く体に刻み込まれてしまうのですね。

 

それでも星野さんを支えたのが、大好きな音楽だったそう。
どれだけどん底に落ちても、好きなことがあった星野さんは
それが立ち直るきっかけになったのかなと思います。

 

スポンサードリンク

 

私も鬱になって、引きこもってた経験があるからわかるのですが、
ずっと引きこもったままっていうのは結構つらいのです。
何もしなくていいなんて楽でいいじゃんって思われてるんじゃないかって
不安で不安でたまらなくなりますが、楽なんてことは全くなく。
何もしなくていいことに罪悪感がなければ鬱なんてならないわけで。


外に出ても辛いけど、家の中にずっといるのも辛い。
このままこうしてて人のお荷物になるくらいなら、
命を絶ったほうがいいのではないか。。。
そこまで追い詰められてしまうことだってあります。

生きてる喜びも達成感も何もないこの状況が、いつまで続くのだろうかと
果てしなく暗いトンネルをちゃんと前に進んでいるのかも分からない気持ちで
不安な中日々を過ごしているのです。

 今ではインターネットやテレビ、ゲーム、、、など、家の中に居ても娯楽はあるし
人とのつながりを持とうと思えば持てる時代になったけれど、星野さんが子供のころには
そういうのもなかったのだから、私の想像を超えるほど、辛かったのかなと思います。

ですが、だからこそ、ずっとこのままでは嫌だ!!と強く思えるきっかけにもなったのかもしれないですね。

 

スポンサードリンク

 

 

星野さんは、テレビで、
毎朝無理やりにでも頑張って起きて、ご飯を食べて体を動かしていたら
だんだん元気になっていったと言ってました。

そして、最初に外に出たとき、友達が「バンドやろう!」と言ってくれた。
それがきっかけで、外に出続けられたのだそう。

どんなにつらくても、好きな音楽を諦めなかったり
やり続けられたり、自分を信じて諦めなかったことが、現在に繋がっているんだと思うと、娘にも、本当に諦めてほしくないし、私も娘が夢中になれることを
心から応援しよう‼という気持ちになれます。

不登校にも、恵まれた不登校と恵まれない不登校があると思うんだけど。
それは、鬱にしろ、病気にしろ、環境にしろ。。。いろんなことの中にあると思うけど。
我が家の場合、子どもたち二人とも、恵まれた不登校なのかもしれないなと感じることがあります。学校に行けなくなったことを、怠けてると取られたことは小学校6年の時のおかしな先生の時以外は無いし、私たちのペースを見守ってくれたし、子どもたちの才能に、一目置いてくれていたから。

私の体調が悪くて、子どもたちのやりたいにすべて寄り添えたわけではないし
経済的な事情で、我慢させたこともあるけど、休んだその後のやりたい!が明確にある子たちだったから救われました。息子は、学校に戻って仲間と部活をやりたい!という気持ちが消えることは無かったし、娘は、大好きなダンスやミュージカル、美容関係やファッション、小学校時代から兄弟のように過ごせる友達とのつながり、好きな事のためならどこへでも飛び込めるバイタリティ。そんなものがあるので、今のこの状況も、そこまで悲観的にならずに見ていられます。二人でゆっくりしたら、パワーが出てきて。
お金はかかるけど、学校の外に居場所を探すパワーが出て、学校外でいろんな学びをしています。

 今のことがどんなふうに繋がっていくか、全く想像出来ないけど
そして、親も不安だし相当疲れるけど、でも、自分の可能性を自分の想像の範囲に押し込めないでいられる、このわくわく感は隠せずに私の内側にあります。

 今できる事をコツコツやっていたら、何年後かには今の自分のことを、そんなこともあったね、と笑うことが出来、あの経験があったから、今があるんだねと思える。そんな風な未来がきっと来る。そう思うきっかけを、星野源さんとこの番組がくれました。

 これからも、星野源さんも、娘のことも、息子のことも、応援し続けたいと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です