東三河で蓮が見られる場所はこちら!~豊橋市、豊川市編~

こんにちは、ひーかあちゃんです。

 

蓮がとても綺麗だったので、
他にも見られる場所があるのかなと思って
調べてみました。

伊賀八幡宮ほど圧巻なところばかりではないけど
東三河でもハスを楽しめる場所が何か所もあったので
まとめてみました。

豊川、新城などは8月でも楽しめるようなので
伊賀八幡宮を見逃してしまいそうだったら
是非行ってみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

 

 

豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)

 

住所 豊橋市大岩町大穴1-238

 

植物園ゾーンのボート池の一角に「ハスの園」があります。

入園料 大人 600円
小、中学生 100円
保育園、幼稚園児、乳幼児 無料

駐車場 普通車 200円
中・大型車 400円

入園時間 9時~16時半

 

豊橋市民病院横のハス田

 

調べてみたらスギ薬局さんの隣の辺りです。

お寺とか神社じゃなくてもあるんですね~

 

 

 

スポンサードリンク

 

法住寺の蓮

 

7月から見頃で、圧巻!という感じではないが
鉢に植えられたハスを楽しむことが出来る。
7月17日の観音様命日 には、千手観音菩薩を拝観した後で
ハスの花を愛でることもできるそうです。

 

 

 

龍源寺のハス

 

ハスの鉢が並び、7月中旬に花を咲かせる。
鉢の一つ一つにハスの種類の名前が書いてあり、
上から見るだけでなくのぞき込んで
ハスの名前を観ながら眺められる楽しみがある。

 

本堂に続く境内の砂利のところに
鉢が並んでいます。

 

 

篠田町のハス田

 

普通に道路を走ってると嫌でも目に付くハス田が広がる。

白とピンクの花が沢山咲く一角になっている。

一般のハス田に比べて咲いてるハスの花の数も多い。

目を奪われるくらいなので、車の運転注意が必要です。

その近く、北上すると、足山田町のハス田もあるようです。
合わせて見に行くのも良いですね。

 

 

豊川稲荷のハス

 

豊川稲荷の立願所と寺賓館の前のハスの花が
7月~8月に見頃を迎える。

豊川稲荷参拝、下町散策と合わせて楽しみたいです。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
豊川、豊橋だけでも何か所もハスが咲いてる場所がありました。
花も楽しめ、地下茎はレンコンとして楽しめ、
宗教とも密接な関係にある蓮の花。
見るだけで心が浄化されるようでしたよ。

 

是非行ってみてくださいね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です