育児がしんどい、不安と感じた貴女へ~鬱になりやすい私がやったこと~

こんにちは、ひーかあちゃんです。

 

だいぶご無沙汰してしまいました。
数あるブログの中からこのブログに辿り着いてくださって
ありがとうございます。

 

今日はよく私が感じた育児について。

育児がしんどいと感じたことがない人はいるのかな。
いるかもしれないですね。

私の育児はこれで合ってるかな?良いのかな?
不安になった人やしんどいなと感じた人が
このブログに辿り着いてくれたのかなと思います。

 

しんどいと感じる時もあって
楽しいと感じる時もあって
幸せだと実感できる時もあって
苦しくてしょうがないと感じる時もあって
いろんなことを感じるのが育児だと思ってるけど
しんどい、不安って感じてる貴女へ、少しだけ
勇気を出して、周りに頼ってみませんか?
相談してみませんか?

自分の(お母さん自身の)楽しい!を生活に取り入れて
育児をお仕事として行うんじゃなくって
生活の一部に取り入れるようにしてみませんか?
のお話です。

良かったら読んでみてください。

 

スポンサードリンク

 

私の育児

私は今、高校2年生の男の子と中学3年生の女の子を育てています。

今から18年前に、第一子を授かって、その約三年後に第二子を授かり
子育てでいっぱいいっぱいになる時期に突入します。

 

多くの人が、大変ながらもなんとかやり過ごせる育児だと
私は見てて感じるのですが、私にはとても大変で。

たぶんそれは、子供たちの成果が、私の生きる喜びになっていたから。
つまり、他人軸だったから。

やる、やらないを結果や他人の意見でコロコロ変えてました。
そうすることしか知らなかった。

体調不良で行きたい場所に行けなくなる子供たちを見ていて
何と言うか、これじゃいかん!ってそう思ってね。
いろいろ右往左往しましたが。

 

昔はね、何か出来るようにして、
それを達成する喜びを感じながら生きる事を
大切にして生きて来ました。

 

でもね、育児って生活だったんですよね。

 

何が大変って、私は毎日の生活を楽しむってことが
苦手だったので、それを子供とするのがとても大変でした。

今は、生活そのものが楽しいです。
それが大きな変化。
もともと生活基盤がしっかりしてる人は
結婚しても育児が増えても、多少のグラつきは合っても
立て直せるんだと思うんです。

他人軸を自分軸にする。
それが一番私に必要な事でした。

次から細かく書いていきます。

他人軸で生きる私

 

まだ第一子の時は良かったんですがね。

旦那さんのペースと息子のペースに合わせて
自分を決めればよかったから。

息子と正反対の性格の娘が生まれてから、
私は一体どうしたらいいのか
全く分からなくなってしまって。

「○○のお母さん」であることが第一になってしまっていたんです。

女性には肩書きが多くあって、
結婚すれば○○の奥さん、出産すれば○○のお母さん。

どこどこの嫁と近所では言われたり。。。

独身の頃のように、自分をそのまま見てくれる人は
圧倒的に少なくなって、自分を見失うような感覚に襲われました。

もともと他人軸で生きて来たので
そもそも育児を自分のペースで行う事はとてもじゃないけど出来なくて。

でも、それじゃあダメだと気づかせてくれたのが病気でした。

 

育児が苦しくなる人って、みんなじゃないとは思うけど
私が思うのは、人の言う事を聴きすぎたり、優しすぎたり
人にいろいろしてあげるのが好きだったり、、、
人の為に生きる事に喜びを感じる人だと思うのです。

人に合わせて生きるのも、生活レベルまで入ってくると
それはとても苦しいですね。

まずは自分。その次に旦那さんが居て子供が居て
お姑さんやなにやらカニやらが出てくるわけで。

その順番を間違えると、病気になったり
そこまでいかなくても、イライラしたり感情的になったり
そんな風になるのかなと思ったりします。

自立した大人ならそこまで大変になったり
病気になったりはしない気がするけど
それでもやっぱり大変だと感じる事も多いのが育児。
自分とは違う人格の人が24時間一緒に居て
世話をしないと死んでしまうなんて言う経験は
したことない人のほうが多いですよね。

家事でもなんでも合理化され便利になったこの時代でも
3時間おきの授乳は無くならないし
おむつも変えたりしないとかぶれちゃう。
泣いたりわめいたりする子供のお世話を
産後の傷がある時期から行うわけで
ホルモンバランスも乱れた中でやるわけで。。。
初めてのことに戸惑う人はとても多いと思います。

だから自分の事責めないでね。

貴女が悪いんじゃなくって、ただちょっと
自分で頑張ろうとしすぎちゃっただけ。

感情さんは、自分が本来の姿じゃないよと
教えてくれるものだと思うようにすると
ちょっと楽になるかもしれません。

イライラして相手にもっともっとって求める時は
自分は本当は疲れて休みたいのにやらなきゃ!って
思い込んでるかもしれないし。

何でもかんでも自分のやり方が正しい!と思っていたとしたら、
パートナーに任せることが出来なくて、一人で抱え込んで
もっともっといっぱいいっぱいになってるのかもしれない。

 

ホルモンバランスが崩れてて、睡眠不足と完璧主義が重なって
もうどうにもこうにも心がいっぱいいっぱいになってるかもしれない。
そんな時は、自分の為だけに、空を見て丁寧に呼吸するだけでも
落ち着いてくるよ。

 

 

スポンサードリンク

育児が楽になるために私が辞めた事、やったこと

 

  • 一人で抱え込むことを辞める
  • 自分を大切にするために必要なお金をケチる事を辞める。
  • 自分の感情を素直に受け入れる
  • 過度に自分を責めない
  • 信用できる人に話を聞いてもらう
  • なんでこうしてくれないの~~?という言葉じゃなくて
    本当はどうして欲しいのかを掘り下げて、して欲しい事だけ伝える。
  • 他人のやり方にとやかく言わない、任せたら信じる。
    任せる人を選んだ自分を信じる。(どんな人とのかかわりも、子供にとって学びになるから。いいことも嫌な事も、体に悪いことも全て)
  • 我慢しすぎない
  • 定期的にメンテナンスする。
  • 育児はやってる!っていう感覚が持ちにくいけど疲れたら休む。
    やってると認める。
  • 自分のペースを取り戻す
  • 自分が楽になるように、やり方を考える
  • 必要以上に自分を大変な方へ持っていかない
  • 生活の中から楽しみを見つける
  • 子供の先生にならない
  • 子供の成長も、失敗も、好調も不調も、感情も、
    全て受け入れて寄り添ってあげる。
  • 自分の成長も失敗も、好調も不調も、苦手も得意も
    感情も、全て受け入れて寄り添ってあげる
  • 子供やパートナーにしてるように自分にも優しくする。
  • 誰に認めてもらえないと感じても、自分だけはよくやったと
    自分を認め、褒め、言葉をかけ、ハグする。
  • 極度に不調な時は、ちゃんと病院に行く。助けを求める。
    信頼できる人を一人は作っておく。
  • 自分の感覚を信じる
  • SNSを極端に信じない。あれは生活の中のほんの一部を切り取っただけ。
  • ネガティブな感情もしっかり味わって切り離す。
    育児してて、大変だって思っちゃいけないとかそんなわけない!
    どんなに子供がかわいくても、自分に体力的気力的余裕がなければ
    辛くなっていきます、だれでも。睡眠不足を舐めてはいけない。
  • 社会のペースに合わせようとしすぎない。
  • 人の期待に応えすぎない
  • 人の言う事を聴きすぎない
  • 自分に優しくする
  • 好きな事を増やす
  • 気の合う子育てママと繋がる
  • 自分を好きになれるよう、自分の気持ちを確認して受け入れる。
  • 昔から繋がってる友人との会話もとてもとてもお勧め。
    自分に戻れる時間になるよ。暮らすのが地元じゃない人は試してみてね

 

 

スポンサードリンク

私がお世話になったもの

  • ヨガ→体調崩してから、初めて自分からやりたいと思えたのがヨガでした。
    高校の後輩がインストラクターしてて、参加させてもらいました。
    そこで体力気力がupしたと思います。
  • インテグレイティッドヒーリング→ヨガを伝え始めてからいろんな勉強をしたけど、女性は楽しい!嬉しい!美味しい!そういう感情の為なら腹の底から湧き上がる力が出ると知りました。feelinggoodで生きる生き方です。
    IHと呼ばれるその施術は、自分らしく生きられなくなるパターンを
    潜在意識と繋がって、筋反射で読み取り、本来の自分らしい生き方に
    変えていけるよう組み替えていくような施術。筋肉や臓器に感情が宿り
    それが変えていきたいと思っても怖くて出来ないパターンに陥る原因になったりしてるんだって。私はこれで、親との共依存の関係を修復してもらい
    生きやすくなりました。困ってる人の為となると自分を犠牲にして尽くして
    しまう癖も、親子関係から来ているようでした。
  • 今世療法→潜在的に我慢した負の感情が体の臓器や器官に宿り、症状として不調として出るという考えから、その負の感情の光を当て、昇華させていくエネルギー療法。その感情を抱いた時の事を思い出し、最後にその負の感情を味わったら、それを癒してくれます。そうするとその思い出が思い出しても辛くならない思い出になっていたり、解決策が見いだせたり。
    私は自己否定の感情が至る所についていて生きづらかったけど今世療法のおかげで、生きてるだけで幸せだと感じられるようになりました。
  • 鍼治療→舌とお腹と脈をみて、お灸と鍼で調えてくれる治療。全国でもこの鍼治療をしてる医院は少なくて、一番古典的な鍼治療だそうです。
    私はこの鍼治療のおかげで、自分のことが好きになれました、あと心に
    人が居てくれるので、温かい心を取り戻せたような気がします。
  • アロマオイル→メディカルアロマを使って施術して行けるようなものに出会い使ったけど、今は香りを楽しむことに使ったり、部屋の掃除に使ったりしてます。お気に入りの香りで作るリップと柔軟剤はリピ使い。洗濯が楽しくなったよ。
  • ヘナ→肝臓や腎臓などデトックス器官を助ける働きをするヘナ。頭皮に乗せると子宮のデトックスにもなるとか。頭皮から体に不要な毒が出てくれるという考えがあって、(だからがんの治療で頭髪が抜けたりする)頭皮にある毒を吸着してデトックスしてくれます。肝臓と腎臓の機能が温存されるので
    身体を元気にする方に力が使え、結果身体も元気になるおまけがついてきました。あと、白髪に綺麗な色が入り、髪の艶が戻り、変な癖も無くなるので
    お勧めです。
  • 自然を見に行く。川や海、滝や山など自然を感じられる場所に子供と行くことも多いと思うけど、それを自分が楽しむためにもしてみてください。

 

一緒に何事も楽しめる人は結構育児も楽しめると思うけど
頑張り屋さんや真面目な人はちょっとしんどいかもですね。

 

 

 

真面目で頑張り屋さんで、完璧主義な人や
独身時代は自分のやりたい目標にガンガン突き進んできた人ほど
思うようにいかない育児は戸惑うと思います。
頑張ればなんとかなった
独身時代とは違って、思うようにいかないことも多いから。

でもね、こんな素敵な時間は、他には無いというくらい
とてもとても素敵な時間です。

お金を稼ぐことも、家事を回すこともとても大事な事だけど
子供の笑顔を眺める事や、一緒に楽しい思い出を作る事は
何にも代えがたい幸せな気持ちを味わえます。

一度、ちゃんと育児をしようとする気持ちを置いておいて
子供と楽しい時間を過ごしてみてくださいね。
独身時代に友達と遊んだように、一人の人と一緒に楽しむつもりで。

ちょっと小さい、手助けが必要な、一人の人として人格を持ってる
貴方の一番大切な世界で唯一無二の人のはずです。

貴女が少しでも、育児を楽しいと思えて
不安から抜け出せますように。

「これで良いのかな、あってるかな?と不安になりながら
悩みながら育児をしてる人が98~99%です。それが普通。
自信満々に育児をしてる人は1%くらい。逆にそっちの方が不安です。」

スクールカウンセラーさんに言われた言葉です。

私はこれを聞いてとても安心したことを覚えています。
だって育児って正解がないんだもん。

 

悩みながら、正解を探しながらの生活は不安だけど
喜びもその分大きいです。
自分の中の正解!を見つけ出せるから。

みんな一緒が良いと言われた学校教育から
抜け出せる時間なのかもしれないなとすら思います。

横並び、みんなと同じではない自分だけの育児を
是非是非楽しんでください。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?
しんどいときにここまで読み進めてくださった貴女へ
本当に感謝でいっぱいです、ありがとうございました。

私は何度も鬱を繰り返すことで本来の自分に戻っていけました。
病気も悪いことではなくって、神様から与えられたギフトだなと
感じる毎日です。でも、そんな病気になる前に楽しむ方向に行って欲しい。
病気から学ぶことも多かったけど、やっぱりしんどいし
子供にも負担をかけるから。

ママは笑って存在してるだけで充分子供の為になってるよ。

 

どんな体験も経験も、いいも悪いもなくって、ただそれだけっていう感覚になっていけたら、楽になって楽しく生きていけるかもしれないですね。
私はそうでした。
貴女が少しでも楽になって、楽しく心から笑える毎日になりますように。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です