良く鬱になってしまう人へ。私が体験して気付いたこと。

こんばんは、ひーかあちゃんです。

今日は自分の体験から学んだことをシェアしたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

以前の私は、
気が付いたら重度の鬱になってしまう人でした。

よく言われる鬱の症状

  • 気分が落ち込む
  • 何もやる気が起きない
  • 全身倦怠感
  • いつも疲れている
  • ため息が多い
  • 哀しくて仕方ない
  • 涙がいつの間にか流れる

などなど、そういう項目をチェックしてみる時には
もう自覚出来ないレベルまで疲れ切っています。

そんな状態になっている時の自分の感覚

  • なんでこんなことも出来ないんだ!怠けてるんだ。
  • あの人あんなにダラダラして、手を抜いて生きてるって思われてる。
  • もっとやりなよ!と責められてる
  • ネガティブなんてダメ、ポジティブポジティブ!
  • 休むことは悪いこと、怠ける事。

などと思い込んでいます。

そういう思い込みで生きてると現実はどうなるか

周りの言葉を素直に受け取れません。

  • 例えば
    「疲れてそうに見えるから休んだら?」
    と言われても、
    (本当はあの人、もっとがんばれって言ってるんだ。もっと頑張らなきゃ!)
    と思い込んでる。
  • 疲れ果てて寝てるところを家族にでも見つかったら
    急に動こうとしてやってるアピールする。
  • 周りのことも、もっとやってよ!と責めてる。。。
  • こんなに頑張ってるんだから認めてよ!!って
    いつも周りに吠えてました。

完全に他人軸です。

自分の内側の小さい私が、私に「もっとがんばれ!」って言ってるし
でも、「しんどいこと気づいてよ!!」って思ってるから
周りの世界も、反対に受け取るというか、
本心で言ってるとは思えず
言われたことと逆のことをして、素直になれず
もっとしんどくなるスパイラルにはまってたんだろうな。

そう思いました。

回復するために必要な事(気持ち編)

自分の限界を認め、疲れすぎてることを認め、
ゆっくり心から休ませる決意をする。
人からどう思われても、怠け者と思われようが
自分に優しくする。

つまり、自分軸に戻す。

それがとても大切だと分かりました。

治って来てみて分かったこと

  • 人はそこまで(鬱の人が頑張らないといけないと思い込んでるレベルまで)
    頑張れ!って言ってない。
  • しんどそうな人を見たら、
    大丈夫かな、休んだ方がいいんじゃないかなって思ってる。
  • 出来ない人を見たら、何か手伝えることあるんじゃないかなって
    思ってる。
  • 人は人に優しいんだなって気づいた。

これは、怖くても自分に優しくしてみる事を
してなかったときには分からなかった事でした。

そう、自分に優しくすることは怖かったんですね。

  • あれ?なんか効率よく動けないな。
    好きなことのはずなのに面倒だと思うな。
    やる気が起きないな。
    そういうことがあると、
    ん?これがもしかして疲れてるのか??
    これが疲れてるっていうサインか!と思って
    本当に最低限やらなきゃいけないことをやって
    他は断って休めるようになった。
  • なんでこんなに私は出来ないんだろうって
    いつも自分を責めていたけど、
    あ!これか!疲れたのサイン!
    ここで休めばいいんだ!ってわかったんですね。

鬱ってつまり、疲れすぎてるってことだから。

DOOING GOODからFEELING GOODへ

身体が疲れててしんどいなぁって感じても
まだ大丈夫、もっと頑張れる、やらなきゃ!って思いこんでた私。

ずっとDOING GOODで過ごしてきました。
じぶん的に、出来ないとダメだから(生きてる価値がない)
出来そうなことにしかチャレンジできないし
出来ないと落ち込むし、他人に認めてもらいたいし、、、
他人軸のスパイラルが変わらないんですね。

でもね、

疲れたなぁ、しんどいなぁと思っても
まだできる、まだ大丈夫!と辞めることが出来なかった私。

そのあとドーンと落ち込むことが分かったのです。

 

そうか!疲れたら休む!それをしたらいいんだ!
そう気づきました。
手を止めて、またあとでやろう!と置いておけばいいんですよね。
そんなことが分からなかったんですよ。
やってしまわないと!と自分を追い込むようにやってたんです。

今では、かなりFEELING GOOD!

気持ちいい、楽しい、嬉しい、やってみたい!そんな気持ちから
行動できるようになりました。

自分が変わってからの家族の変化

この落ち込みは何だろう??と思ってると

「朝、頑張りすぎただろ、だから疲れたんだよ」
そう主人言われ、
(あ、そうなのか。)
と素直に聞けるようにもなって来てます。

学校では、頑張ることが美徳で、
家では我慢することが美徳とされて育ちました。

のびのびと、自分らしくって何??みたいな。
可愛がられるってどんな感じ?っていつも疑問で。

ま、それはいいとして。

最初はね、こんなちょっとのことで疲れちゃって、
私ダメだなって思いながら休んでたんです。

だけど最近は、
人と私は違う。どれだけちょっとのレベルでも
私が疲れたんだから疲れたんだ!休もう!

そう思って休むようになりました。

まだまだその状態は、ざわざわします。
本当に休んでていいのかな。。。とか
怠けてるって思われてないかなって
すごく気になっちゃって。

でも、気にせず休もうと思って休んでます。
そしたら、家族も友達も、ちゃんと助けてくれるし
気にかけてくれるんですね。
強がってる時には気づかない優しさでした。

その時思うのが、
全然私の事知らなくて、
興味もない人の勝手な思い込みで、
つまり、頑張ったから疲れただよって
思ってくれない人のために
自分をいじめるのはもう辞めようって思ったんです。

分かってくれる人だけわかってくれたらいい。
そう思うんです。

自分のこと、そのままを分かってくれて好きと言ってくれる人と
一緒に居られたら、それでいいやって。

それが、たとえ自分一人だったとしても。。。

自分のこと、そのまま受け止めてあげよう!
そう思ったんですね。

周りのみんなは私の事好きって言ってくれるのに、
とうの私はかっこつけてて、弱いところ見せられなくて、
本当は苦しくて、、、
どんどん自分の事、嫌いになっちゃう自分がとっても嫌だったんです。

今は、こんなにも周りが助けてくれていたんだなと
気が付ける自分になれて、とても幸せだなと思います。
ありがたいなって。

そして、一人でも、孤独じゃなくなりました。
前は、みんなの中にいても居場所がなかったのに。

まとめ

たくさんたくさん遠回りしたけど、何かしてないと
生きててはいけないと思い込んでいた私は
何もしてなくても生きていけるようになりました。
感謝はかなり溢れかえってきます。
ありがとうと思う事しかない!
そんな状態で生きられてます。

一番の変化は、以前なら半日かけて全面草取り出来たけど
今日は1時間くらいで疲れてきちゃって。
前なら最後までやって、旦那さんに伝えて
すごいじゃん!って言われたかったから頑張ってたけど
また明日やろ!疲れたし。お茶でも飲むか。そう思えたんですね。
お!!!すごい変化!
私的にかなり感動です。

大変になるまでやって、恩着せがましくなるくらいなら
辞めておけばいいんだよね。
自分が心地よく過ごすために、草取りだって掃除だって
料理だって、しているんだから。

今、この状態になれて、本当に良かったなと思います。

 

私がここまで回復するのに助けてくれたツール

  1. 病院の薬←めちゃ酷いときは薬に頼らないと日常生活が送れない
  2. 休むこと←休み方は人それぞれ。私は寝る事でした。
  3. きちんとご飯を食べる事。タンパク質とかもしっかり。
  4. 好きな事ややりたい事が浮かんだらやってみる事←結構勇気がいります。が、こういうのわがままだと思っても、それをしてあげないと、治りません。
  5. 一日にやることを、毎日続くレベルで一日一個からやってみる事でペースを掴むこと。
  6. カウンセリング
  7. はり治療に行くこと←根本原因を取り除いてないから繰り返すんだなと思って。
  8. 家族に、辛いと言う事を伝える、素直に。そして手伝ってもらう。
  9. 生きるために自分には必要のない無駄な仕事を辞める
  10. 今ある事に感謝出来る(自然に出来るようになってくる)←治って来てる証拠

結果鍼治療で得られたこと。

  • 生きててごめんなさいという罪悪感が無くなる
  • 心が温かくなる
  • 人に頼れるようになる
  • 素直になれる
  • 自分をいじめないようになる
  • 好きな事をやる
  • 無理に人に合わせてる時、気づけるようになる
  • 無理な事は断れる
  • やれるようにやると言う事を覚える
  • 無理して大丈夫なフリとか、楽しいフリとか、しなくなる。
    (自分の感情に素直になれる)

最近の私は。

  • 人に愚痴を言えるようになる←弱いところを見せられないから言えなかった
  • 人の愚痴が聞き流せるようになる←困ってるんだと思って助けてあげなきゃと思っちゃってた。
  • 疲れたから、家事を変わって!と素直に頼める。
  • 人の問題と自分の課題を分けれる。
  • 必要以上に良い人ぶらないでいられる。
  • 一人の時間を大切に出来る。
  • 自然にやりたいと内側から湧いてくることだけやると決めれる←これはまだ難しい。家族以外の人と会うと、昔の癖が出てしまって苦しくなる。
  • 理想の自分と違っても、責めない。現実を受け入れる。
  • 瞑想してる
  • 体力つけるために運動してる
  • 今の自分のために必要な事をコツコツやれる。

何度も鬱を繰り返したり、治らない人には一つの参考として
欲しいなと思います。これをすれば絶対治る‼なんて言えないし
そんなの人それぞれ違うと思うけど、
治るきっかけとして、他人軸から自分軸に変えるというのと
自己肯定感を上げるというのはポイントだと思ってます。

病は、自分の力で直すものです。

症状は、体さんからの訴え。
それを友達の話を聞くように聞いてあげたら
自然と症状は、もう大丈夫だなと思って消えてくれるんですね。

人の目を気にして、いい人になりすぎて、
鬱で命を落としてしまう人が、一人でも居なくなりますように。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です