通信制高校について調べてみた

我が家の娘、中学2年ですが
体調を崩し今は学校に行ってません。

何もしなくてぼーっとしてられる子ではなく
学校に行けば何か役割があり、
頼られる彼女。出来る人と思われ
出来ないとは言えない。。。難しいお年頃なのでしょう。
クラスや学年の雰囲気もあるかと思うけど
心に負った傷ってなかなか癒えないものですね。

今はいろんな選択肢があるんだからと
高をくくっていたけど
自分で調べて自分で答えを出して
進んだってことはないな、、、とふと思い
自分でも調べられることは調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

今話題のN高は、アイススケートの紀平選手が有名ですね。
今までは不登校になってしまって仕方なく、、、とえらばれていた
通信制高校という位置づけもあったけど
今は積極的に選ぶ時代に入ってきました。
カリスマモデルのミチョパさんは、高校三年生の時編入した
初期の生徒だったそうです。

娘は、韓国にダンス留学しながら高校卒業資格も得たいと
N高を希望していたし、本人が望むならそれでいいかなって思ってたけど
調べてみたら日本でもミュージカルや芸術に特化した
芸術学校があり、体験入学もしてると知って
他にも見てみて決めたいなと思うようになりました。

今は、韓国と日本の関係が危うくなってるので
Kpopもかっこいいけど親的には不安があって。。。

実力だけで生きていける時代ではないからこそ
確実に人の縁を繋いでいってほしいなと
そう思うのです。

 

スポンサードリンク

 

というわけで
他にも探していたところ。。。

こちらを見つけました。
りら芸術高等学校は、和歌山県にある寮も完備の高校です。
ミュージカルやダンス、舞台を作り上げることを目的とし
様々な企画をみんなで話し合いながら成功させる体験を通して
生きる力を育むことを目的としているそうです。
芸術高校なので、油絵の体験が出来たり、ウエーブデザインの体験が出来たり
やれることも楽しそうで。
娘の興味ある分野ばかりがそろっているので
全部学びたくなってました(笑)

そんな風に学ぶことに意欲的になれる場所が見つかるなんて
とてもうれしいので、資料を見てみてよさそうだったら
体験入学に申し込もうと思います。

他にもN高のバンタン高等学院は美容やエステなど専門的に学べるみたいですし
ITに特化したことを専門的に学べるコースもあるようです。
学費もN高は年に12万9千円と、一番お財布にも優しいお値段でした。
りら芸術高等学校は、年間100万を超える授業料+寮生活費がかかるので
金銭的には難しいしなかなか大変です。

やりたいと望むなら、やらせてあげたい親心と
本当にやり切れるのか??という気持ちが出てきてしまう。

制服を着て女子高校生を味わってほしいなとも思うし
自分の決めた進路をぐいぐい歩んでほしいとも思う。

揺れる親心なのでした。

また、資料が来たら感想などアップしたいと思います。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です