高校生男子部活弁当!丼物は主婦を救う!今日は牛丼弁当

めっきり寒くなりましたね。
昨日は子供たちも主人も
寝るときとても寒かったみたいなので
毛布や敷きパットを温かいものにしました。
そしてお弁当作りのために
22時には寝ました(笑)
早寝遅起きしたくなる季節に
なって来ましたね。。。

と言うわけで
時短弁当今日もご報告。

 

スポンサードリンク

 

我が家のお弁当が
丼物で定着しつつあるこの頃。

お弁当箱は保温弁当箱に限ります。
ほんとに楽。

一つ難点を言えば温かいものの中に
冷たいものが入れにくいので
デザートが入れられなくなったことかな。
私的には問題ないのですが
息子的には、やっぱりあると嬉しいらしいです。

別でフルーツ持たせるかどうか
悩みどころ(笑)

 

今日は牛丼弁当です。

吉野家でもらった紅ショウガがあったので
載せときました。

サンヨネでお気に入りの砂糖が
今取り扱い中止なので
代わりに買った砂糖の糖度が今までと違い
甘みが控えめのどんぶりになっております。

こういう煮物系の味付けは
醤油:みりん:砂糖=1:1:1が黄金比率と言われてますよ。
甘みを抑えたいときは
醤油:みりん:酒=1:1:1で
やってあげると良いです。

鍋に酒とみりんを入れ、お酒の風味が消えてから(煮切る)
砂糖や醤油を加えましょう。

スポンサードリンク

どんなに質素な食事でも
お母さんが作ってくれたご飯って
安心するんですよね。
無理して頑張ると
食事が楽しくないものになってしまうから
お母さんが笑顔を忘れない程度で。

時間があるときは手作り料理をしつつ
一家団欒できると
子供の心も健全に育つのかなって思いました。

これは、私の反省もかねて。

凄く理想のご飯を頑張って作ってたことがあって。
正しい食事は堅苦しくなりますね。

美味しい!楽しい!が一番の栄養です。
身体によくない食材を使っていたとしても
笑顔で食べていれば
身体から出て行ってくれたりします。

我が家は幸いアレルギーもなく
食事にそこまで自然派!と気を使わなくても元気でいられますが、
繊細な方、自然派にこだわる方にはぜひ読んでみてほしいブログがあります。

私の好きなブロガーさんのブログ。
どれも簡単で美味しいです。
是非参考にしてみてください。

くみんちゅキッチン

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です