16時間ファスティング体験談

おはようございます。

健康ブームでファスティング流行ってますね。

一食をドロッとした液体に変えるもの、
夕食だけ抜くもの、
危ないやり方だと食べないもの、、、。

どれもこれも何と言うか、、、私には無理だなと思って
やろうと思えなかったのですが。

あるとき中田さんのYouTube大学を見ていたら
16時間ファスティングの事を紹介されていました。

何やらそれをしてみたら、体重は減るし
肌艶は良くなるし、苦痛がそれほどないし
とてもお勧めなんだとか。

たまたまヨガインストラクターの先生も
16時間ファスティングを試されていたこともあり
私もやってみることにしたのです。

詳しくはこちらの本に書かれているのですが。

 

皆さんは16時間ファスティングって聞いたことありますか?

私、この理論はなるほどなって思ったんです。

身体は10時間空腹時間が空くと脂肪を燃焼しようとします。
そして16時間働くと、体内の古い細胞を分解して
新しいタンパク質に生まれ変わらせようとする
オートファジーが働くんです。

「オートファジー」

この細胞のおかげで、古い細胞が生まれ変わり
新しい細胞に活性化されることで体内の大掃除が出来るんですね。
古い細胞が壊れるので肌艶も良くなるし
胃腸や内臓も休まるので体の調子も良くなるし
体重も減るという原理でした。

これ、「16時間空腹の時間を作る」と言う事以外は
それほど厳しくないんです。残りの八時間は何を食べてもいいし
16時間中も、水やナッツなどで空腹をしのぐことは
OKとされているのです。

これなら私も出来るな!!と思ってチャレンジしました。

 

今日で5日目。

寝る時間を合わせて寝る前4時間と起きた後4時間の空腹に耐えればいい
という素敵な方法で行ったので、そこまで苦もなく
たまに空腹で辛いときはナッツでしのぎました。

そしたら、汚い話で申し訳ないのですが、、、
「大便」の出方がかなりいい感じなのです。

食べ物のカスだけでなく、古い細胞が分解されてるものも
ちゃんと体外に排出されてる感じ。

スッキリ出やすくなったし、お腹も凹みました。

そして16時間後にいただくご飯がとってもとっても美味しいです。

あと、ご飯を作るストレスも減りました。

これ、ほんと楽で素敵な方法♪

色々調べてみたら、筋力を落とさないために
軽い運動を取り入れる事を進めていたので
ピラティスやヨガなどを少し取り入れたり
散歩をわざわざするのが大変な時は
買い物を張り切って歩くようにしてみたり、、、

少し意識を変えるだけで大丈夫だったんです。

 

身体の変化にも繊細になり、自分に集中できるようになって来ました。

 

何よりご飯が美味しい!!と感じられたことと
自分の身体にいいことを取り入れられたことが
とても嬉しかったです。

 

16時間空腹時間を作るというのが条件で、
あとの8時間は何を食べても自由なので
欲はその時間で満たすことが出来ますから
苦なく続けられると思います。

 

痩せすぎてる人、今病院通院中の人、ハードな仕事スポーツをされてる人
などはお勧めできないし医師の指示に従って欲しいと思うけど
本当にお腹空いてる??時間が来たら惰性で食べてませんか??という人にはとてもお勧めだと思います。

 

本読んで納得してからやりたいわという方は
こちらも読んでみてくださいね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です