N高ってどんな高校?~新しい高校の形にわくわく~

こんにちは、ひーかあちゃんです。

 

今日は娘が気になっているN高について書いてみます。

 

スポンサードリンク

 

N高について

 

今日は娘とN高等学校のオンライン説明会に
参加させていただきました。

 

N高って聞いたことある人も増えて来たと思います。

 

HPはこちら→N高ホームページ

 

これだけインターネットが普及し、
様々なジャンルで個人で発信が出来るようになった今、
インターネットを使ってより質の高い学問を提供することが
出来るんじゃないかと、
より質の高い教育を提供することを目的として作られた高校で、
作りたい形を実現するには通信制高校の制度を使うのが
一番近いという理由で作られた学校だそうです。

 

それでも、通信制高校ってなんかちょっと心配
自分で勉強していけるかな
友達は出来るのかな。
文化祭とか部活とか、リアルに人に合うとか
そういうのは出来るのかな、、、

 

いろんな不安が沸いてきたんですが。

 

オンラインで今説明会をしてくれていて、
その後に行われた個別相談も申し込み
いろんな不安を聞いてみました。

 

スポンサードリンク

Q&A

 

Q、自力で勉強して行けるのかな

A,授業は録画されていたものを見て行う。
一つのカテゴリーが5~10分でまとめられていて
集中力が切れる前に達成感が得られる
分からないことはYahoo!知恵袋のような
質問できる場所があり、先生からはもちろん
生徒でも答えが分かる人が答えてくれたりする。
分からなくて取り残されると言う事がない。
一人で悩んで言えなくて、、、困っていたとしても
オンラインの状況を担任が把握してるので、
声をかけてもらえ悩み相談も出来る。
担任の先生も教科の先生も、共に走る伴奏者のような
立ち位置で居てくれるので、とても安心するようだ。

 

Q,友達は出来るのかな

A,友達を作りたいという意思があれば出来る。
N高生とN高の先生方だけのチャットルームのような場所があり
そこで交流が出来る。校内ラインやフェイスブックのような機能。
同じ趣味の人が集まってサークルを作ったり
リアルで合ったり、作品を見せあっこしたり、、、
1万以上の人がいるのでたいていの人が同じ趣味を持つ仲間を
見つけられる。
クラスごとに、ホームルームのような時間もあり
出席を強制するわけではないけど、それに出席すれば
リアルタイムで同じクラスの人とも会える。
スクーリングの授業もあり、一斉に全員揃う機会もある。
この時代だからこその人とのつながり方だと思う。
今の子は、文章でのコミュニケーションが上手。
それは大人が学ばないといけない事だとおっしゃっていました。

 

Q,文化祭、部活動、リアルに人と会うなどは出来るのか?

A,出来る。
文化祭は盛大に行われ、自分が発表する側でもいいし
文化祭実行委員会に所属し、盛り上げるほうに回っても良い。
部活動もリアルに人に合うことも出来る。
チャット機能でやり取りをしてそれを可能にする。

 

Q,学校に苦手意識がついてるけど、そのあたりは大丈夫か。

A、型にはめたり枠にはめようとしたり、
威圧して言う事聞かせたり、、、そういうことは無いし、
公開処刑のようなみんなの前で怒られると言う事もない。
守らなければいけない社会のルールに反した場合、
個別に注意されることはあるが、
社会の調和を乱していなければ、表現は自由に出来る。
どちらかと言うと、そういうのが苦手な人が入ってくる傾向にある。

 

Q,ネット環境があればどこからでも入学は可能?

A,可能でした。日本中どこにいても、海外でも
ネット環境さえ整っていれば入学出来ます。
年に5日スクーリングがあるので、それだけは近くの通いやすい
校舎に通うことが必要ですが、ネットで勉強するのは
いつでもどこでも出来ます。

 

 

スポンサードリンク

 

まとめ

 

いかがでしたか?
N高の説明会に申し込みしようかどうしようか迷っている方、
本当にスタッフさんも優しいですし
聞いてみると安心すると思います。
やりたい形の教育がここにある!と思いました。

迷われてる人は、一度N高の資料を請求したり
説明会に申し込まれると良いと思います。

コロナの影響も一番受けなかったN高。
卒業後の進路の中に、東大生も一人いました。
自分さえやる気になれば、道は切り開けると
証明してくれてると思いました。

この入学機関に、自分で、何となくではないこれが良い!と言う進路を
みんなが決めてその後を歩んで欲しい。
そう願っているそうです。

素敵ですね。

 

私も通信制高校不安でしたが
未来が明るくなりました。

 

過去にいろんなことがあっても、リセットできる場所がある。
それが一番うれしい。

やり直すことはいつでも出来ますね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です