ひーかあちゃん手仕事にハマる!無心の作業が脳のリラックスにはお勧め♪

 

 

いつも元気で笑顔絶えないかあちゃんですが


頑張りすぎで鬱になること過去二回。

まったく意欲がわかない状態がこの10年のうちに二回もおきました。

 

食欲はもちろん、買い物欲も物欲も、性欲も。。。

すべての欲が無くなって、

ただ淡々と生きてるだけでした。

やりたいこともなく、自分の意思もなく生かされてる状態。

笑顔ももちろんなくってね。

子供って、お母さんを笑顔にするために生まれてくるみたいで。

たくさん笑わそうとして頑張ってくれましたが

なかなか笑顔にはなれなかったですね。

 

そんな私がようやくやりたいと思えたものが

編み物だったんですが。

それは小さいころに母に教えてもらった手仕事でした。

生活の中に溶け込むように入っている当たり前にあったものが

私の心を元気にしてくれたんですね。

ただやりたい!という気持ちだけで無心にやっていた記憶。

そんなものが回復のために必要だったみたい。

 

 

二回目の鬱の時は

刺繍に夢中になりました。

ひと針ひと針図案を見ながらやる作業が

考えすぎる私の脳みそを止めてくれたんですね。

 

ディアゴスティーニ可愛い刺繍シリーズ

今では中古も出てますね。


【中古】 隔週刊 かわいい刺しゅう(1 2018/9/25) 分冊百科/デアゴスティーニ・ジャパン(その他) 【中古】afb

 

あ1号は300円くらいで買えるんだけど

続きからは1500円くらいします。

なので、私はキットで可愛いやってみたいのがあると買う。

そんな感じで利用させてもらってました。

 

 

 

今では30号も過ぎ、37号とか。。。

私はまだまだ最初のタペストリーで止まってます。

 

瞑想しようとか、ヨガの呼吸法をやってみようとか

鬱にお勧めの方法はいろいろ出てるとは思いますが

そういうの難しいなと感じちゃう人もいると思うんです。

そんな人は、ぜひ、

まずはゆっくりゆっくり休んで過ごして、

まっさらな状態になって、

暇だなーーって思えるような状態を思いっきり味わって、

そこからふっと出てきたやりたいな!の気持ちを

一つ、また一つ、とやっていくと

重かった心が少しずつ充電出来て

元気がたまってくると思いますよ。

 

 

身体を動かすこと

畑仕事

絵を描く

音楽

写真を撮る

料理など

 

思い立ってやりたくなるものは人それぞれだと思います。

 

コツコツやって、達成感を味わう。

そんな経験が鬱には必要です。

気が向いたらぜひやってみてね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク