「心屋流戦わないで生きていく」の感想!お勧め本紹介♪

 

必要以上に頑張って戦ってしまう人にお勧め!


「心屋流 戦わないで生きていく」

 

 

 

人生は頑張っていたからうまくいかなかったんだ。

 

だいぶ前のこと。

 

あまりにも身体も心もしんどくて

現場の仕事に入れないと職場に伝え

ひたすら休んでいました。

 

これでもかというくらい寝て過ごしました。

 

久しぶりに行った現場は、優しかった。

 

今まで踏ん張って頑張って、こんなにやってるのに!って

思うことの方が多かった。

 

だけど、私が頑張らなくても回るって分かった。

遊びたい時は遊んで、休みたい時は休んだ。

そしたら体重が減って行った。

身体の重さって、我慢して我慢して、たまりにたまった心の不満の

重さなのかもしれない。

 

何にも出来なくても、人はすでに役に立ってるんだ。

 

自分に優しくしていたら、すごくすごく怖かった。

甘やかしてて、怖かった。

 

だけど息切れしなくなった。

ポンっと思った以上の収入があったりした。

 

自分に優しくして、楽しんでいたら、人も優しくしてくれるって

本当だった。

 

思った現実が現れる。

怖いくらい。

 

 

人に認めてもらいたかった私の気持ちも満足して

仕事する理由もなくなっちゃった。

 

 

大人も真剣に遊ぶ場所が欲しいなぁ。

 

 

 

 

スポンサードリンク

心屋仁之助さんの本「好きなことだけして生きていく」を紹介!

 

本屋さんに行くと、大人買いしてしまう私。

 

次は

 

「好きなことだけして生きていく」

 

心屋仁之助さんの本読みました。

 

 

 

 

そんなこと言われたって、主婦だし母だし

 

好きなことだけして生きていくなんて無理だ!!

 

と思ったんだけどさ。

 

 

でも、そうなったら良いなと思って悶々として。

 

パパさんにお願いしてみました。

 

「3日続く休みのうち1日で良いから家事を主でやる日を作ってください」

と。

 

「いつも手伝ってくれて助かるけど、手伝うスタンスじゃなくて

 自分がやるって言うスタンスの日を作って欲しいです。」と。

 

「私が家事のこと考えなくていい日を作ってください」と。

 

めちゃくちゃ良いパパさんだから、これ以上我がまま言っちゃいかんと

ずーっと我慢してたけど、周りからの評判は良く私の不満は溜まる一方。

 

「良い人だけど、私も頑張ってる!」ってね。

 

だけどがんばらなくていいんだよね。

戦うのもやめた。

 

大変すぎるから助けてって言ってみた。

泣きながら。

家族のスケジュールを書き出してみて、

どれだけ私が分刻みのスケジュールをこなしているのか

分かってくれて。

 

 

率先して協力してくれるようになり

私も楽になりました。

 

 

スケジュール管理するようになり、私も余裕がある時とない時が

分かるようになって。

 

 

好きなことだけして生きていくって

難しいかもしれないって思ってたけど

結構勇気出せば出来るのかもしれない。

 

そして、その方が人生うまく回るのかも。

 

自分が頑張る癖、ちょっとずつ抜いて

 

周りに感謝する人生にシフトしていきたい

 

 

 

頑張りすぎてしまう人には、本当にお勧めですよ♪

 

 

 

スポンサードリンク

心屋仁之助さんの本「ゲスな女が愛される」を読んでみました。

迷うと本を読みます。

最近は心屋仁之助さん。

「ゲスな女が愛される」

ゲスな女が、愛される。 あっという間に思い通りの恋愛ができる!/心屋仁之助【1000円以上送料無料】

中古も出てますよ!

 

うまく行ってるのに満たされない私の心は
人の気持ちとか気にし過ぎてるから。

自分が楽になるように
自分がやりたいように
やってて苦しくなるんだ。

人に尽くす、いい人してた方がどんなに楽なのか
良く分かった。

私、友達いないかもしれない。
友達いなくなるかもしれない。
そこまで追い詰められて孤独だったけど、

自分に優しくしていたら、みえる世界も優しくなった。

真の「ゲスな女」は、罪悪感なくやりたいことをやりたいように
やっていくんだろう。

読んでみて
私の旦那さんは、真の「ゲスの男」なんだろうと思った。

私もそんな風になりたいな。

自分のこと好きになりたい。

 

 

スポンサードリンク