THE FIRST TAKE 第13回~石崎ひゅーい他まとめ

おはようございます、ひーかあちゃんです。

 

白いスタジオにマイク一本。
ルールは一つ。
一発撮りのパフォーマンスをすること

 

アーティストの本気を一発に込めて歌うYouTube企画。
ここでは13回からをまとめます。

 

第1回~3回 こちら

第4回~8回 こちら

第9回~12回 こちら

 

スポンサードリンク

 

THE FIRST TAKE 一発撮りのパフォーマンスは
企画後半年で急激な指示を経て、YouTube登録者数は
131万人を超えています。
企画後半年で56万人の登録者数に達したそうですよ。
すごいですね、海外からも人気で
好意的な動画が多いようです。

それもそのはず。
普段なら見られないアーティストの素の姿や、レコーディング風景
緊張感や、真剣さなど、様々な生の様子が伝わってくるから。

コンサートともまた違った良さです。

あと、もう一つの魅力は、こんなアーティストさんも
いらっしゃるのかと、新しい発見があったり、
アレンジを変え、シンプルにすると
アーティスト自身の実力がバンバンに映し出されるため
魂に響くからだと思います。

 

こうやって記事をまとめてると、
私も感動したりワクワクしたり魂が震えたり。。。

皆さんも一緒にワクワクしてくれたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク

 

 

13、石崎ひゅーい 花瓶の花

 

第13回は、シンガーソングライター石崎ひゅーいが再登場!
石崎ひゅーいが友人の結婚式のために書いたという、
彼の代表曲とも言える「花瓶の花」を、
優しく力強い歌声で披露する。

 

結婚式でこんな風に歌ってくれたら
一生の思い出に強く残りますね。

芸能人が友達とか想像も出来ないけど
それが日常なんだなぁ。

 

1984年3月7日、茨木県水戸市に生まれる。
中学3年生の時、友人に誘われてバンドのボーカルを担当。

大学の時にはロックバンドを結成したり。

その後音楽ぷろでぅイーサー須藤晃との出会いで、
ソロの活動を始める。

演技の世界にもチャレンジし、
様々に活躍している。

音楽性は母の影響を多大に受けているそうです。
どんなお母さんだったのだろうか。

 

原曲は、2016年のツアーの動画があったので、紹介。

 

 

この歌は石崎ひゅーいの代表作と言われるような歌だそうです。
「何年も、何十年も、何百年も君を探してたんだ」
言われてみたい(笑)

いつか、空に召された母さんのところに追いつくまで

一緒に進もうって、、その表現素敵ですね。

死が怖くなくなります。

 

14、崎山蒼士 五月雨

 

第14回は、崎山蒼士の登場です。

スイーツ食べて何が悪い!の主演と主題歌を担当した
日本のシンガーソングライター。

一発撮りにコメントを寄せています。

一発撮りをやってみて、単純に緊張しました。
不思議でしたが楽しかったです。
普段のライブと違いがありましたが、
観て下さっている方がいることは意識できなかなと思います。

若いんです。2002年8月31日生まれ。
静岡県浜松市出身のアーティストさんです。

今までのファーストテイクとは
ちょっと雰囲気が変わりますね。

 

 

独特な声ですね。
癖になると言われてハマる人も多いとか。

新時代のシンガーソングライターだなって感じます。

 

 

ギターで歌ってるので、原曲もファーストテイクもニュアンスが似てますね。

YouTubeチャンネルも12万の登録者数が。これからもっと人気上昇する
アーティストさんなのかな。

 

第15回 加藤ミリヤ ほんとの僕を知って

 

第15回は、再び加藤ミリヤさんが登場です。

 

YouTubeチャンネルより

デビュー15周年イヤーに突入し、
結婚・出産を経て女性アーティストとしても
さらに輝きを増しながら、
今年秋には日本武道館ライブも期待される加藤ミリヤが登場。
産後復帰第一弾シングルとなった
「ほんとの僕を知って」の歌詞に込められた
強いメッセージを伝えきる初披露のパフォーマンスに注目。

 

 

結婚し、出産したミリヤさんが感じたことを
歌詞に込めてるんでしょうか。

産後、誰でも一度は感じるのではないかな。
社会と隔離されてしまったかのような孤独感。

人としゃべらないって言う事が、これほど心に影響を与えると
初めて知るのは、産後が初めての人も多いと思う。

 

なんか、聴いてると泣けてくる。

最初に今日はがくちゃんと一緒だから大丈夫ってコメントしてて。

がくちゃん?と思って調べてみたら、
名四高校音楽科時代の同級生で、AI,加藤ミリヤ、久保田利伸など
超有名人の伴奏を担当しているピアノ奏者だそうですよ。

加藤ミリヤさんも、愛知県豊田市出身のアーティストさんだったんですね。

 

 

原曲はこちら

 

この歌詞に込められた意味って。。。

結婚は一般男性とされたミリヤさん、この曲はがくちゃんと
作ったのだそうです。

音楽科を卒業すると、その世界のプロたちが友達になるのですね。

そういう世界があったのかと大人になってから知った私。

友達が同じ感性を持ってるって、とっても豊か。

娘にも息子にもそんな人生を歩んでもらいたいな。

加藤ミリヤさん、本も出版されていました。

ここに、この歌の意味も書かれているのかな。

CDはこちら。

調べてみるとCDと合わせて買われる方が多いです。

 

ダウンロードも出来ますね。

CD

 

THE FIRST TAKE

泣きたい時とかに聞くのも良いなぁ。

 

第16回 足立佳奈 「ひとりよがり」

 

YouTubeチャンネルより

 

第16回は、Twitter・Instagram・TikTokなど
各SNSのフォロワーが計110万を超えるなど、
若者から幅広い支持を得ている足立佳奈が登場。
AbemaTV『今日、好きになりました。夏休み編』の
テーマソングに抜擢され、
10代の間で失恋ソングの定番となっている
「ひとりよがり」を等身大のパフォーマンスで披露。

 

 

今(2020年6月時点)では370万のフォローがいる
若手人気アーティスト。

1999年10月14日生まれのシンガーソングライター。

LINE×ソニーミュージックオーディションで応募総数125,094組の中から
グランプリを獲得し芸能界デビューを果たした。

AbemaTV『今日、好きになりました。夏休み編』はこちら 

今日好きと短縮されて中高生の中で話題ですね。

こちらのテーマソング。失恋ソングの定番とまで言われた楽曲の原曲はこちら。

 

 

Amebaテレビって見たことなかったけど
沢山感動ドラマがやってますね~。

映像媒体がとてもたくさんある時代だから
何を観たらいいのか迷っちゃうけど
幅を広げてみたくなるような素敵な曲でした。

 

17、崎山蒼士 夏至

 

第17回は第14回にも登場した崎山蒼士さん。

YouTubeチャンネルより

現役高校生シンガーソングライター崎山蒼志が再登場!
夏への追憶を歌にした「夏至」を
エモーショナルなエレキギターの弾き語りアレンジで一発撮り披露する。

 

 

原曲はこちら

 

 

18、橋口洋平(wacci)別の人の彼女になったよ

第18回はwacciのボーカル橋口洋平さんが登場です。

YouTubeチャンネルより

5人組バンドwacciより、ボーカルの橋口洋平が初登場。 YouTubeに公開中のMusic Videoコメント欄には多数の恋愛エピソードが書き込まれ、カバー動画が次々とアップされ続けている話題の楽曲「別の人の彼女になったよ」を、歌詞の世界観にも没入できる弾き語り一発撮りで披露する。

 

 

原曲には多数の恋愛エピソードがコメントで寄せられています。

 

カバーで動画配信してる人も沢山いました。

別の人の彼女になったよって言われたほうはどんな気持ちなのだろう。

 

19、足立佳奈 話がある

 

もう再登場!足立佳奈さん。

YouTubeチャンネルより

今年成人を迎えたばかりの足立佳奈が再登場!
AbemaTV『今日、好きになりました。』のエンディングテーマで、
自身が作詞にも参加した切ないラブバラード
「話がある」を等身大のパフォーマンスで披露する。

 

 

原曲はこちら

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は私が知らない若手の登場もあり、
石崎ひゅーいさんや加藤ミリヤさんもあり、

幅広い年代が同じルールのもと集結する。
この企画の面白さをまた垣間見せてくれたような気がします。

いよいよ次回は世界でも話題の女王蜂が登場!

楽しみです!

ありがとうございました!

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です