THE HOME TAKEへ!YOASOBIも登場!miwaやmiletも!!

新型コロナウイルスの影響で

エンタメ界も撮影自粛やコンサート休演や延期など
活動停止が相次いでいます。

thefirsttakeもスタジオ撮影よりも
安全性を考慮して、THE HOME TAKEと称して
発信を変えてきました。

その第一弾は、miwaさん。

“いま、こんなときだからこそ、音楽を届けたい。
すべては、家の中からはじまる。””

はじめて歌に感動したのも。
はじめて飽きるほど音楽を聴いたのも。
はじめて楽器を夢中に鳴らしたのも。
はじめて曲を作ったのも。
すべては、家の中からはじまった。
いま、こんなときだからこそ、音楽を届けたい。
すべては、家の中からはじまる。
THE HOME TAKE

 

どんな歌声を聞かせてくれるのでしょう~

そして、あなたにとって家ってどんな場所ですか?

私にとっては・・・。

 

 

スポンサードリンク

 

第1回 miwa「don’t cry anymore」

こんな時だからこそ、音楽を届けたい。

家ってどんな場所?

アーティストの声が聴ける。

miwaのデビュー曲をこんな時だから聴かせてくれます。
デビューからうまくいくアーティストさんは少なくて
でも、ここからすべては始まるんですよね。

Youtubeチャンネルより

第1回は、 今年でデビュー10周年を迎えた
シンガーソングライターのmiwaが登場。
楽曲は10年前、19歳の時に作ったデビュー曲で、
彼女の原点(=HOME)でもある
「don’t cry anymore」をセレクトした。
逆境に立ち向かう信念を綴った胸に突き刺さる歌詞を、
アコースティック・ギターの弾き語り一発撮りで披露する。

 

一人でも孤独でも進む。
強くならなきゃ!

もう泣かない!

迷っても前だけ向いて突き進んできた。
アーティストってそんな人が多いのかな。

華やかに見える世界だから憧れちゃうけど
みんなそれぞれ幸せと感動としんどいと哀しいが
同じだけあるんだよね。

人の事をうらやんでる時間があったら、
自分の世界を作ることに集中したいなと
そんな風に強く思いました。

 

原曲はこちら

 

miwaと言えばこの曲‼と言われるくらいの代表曲。

ギリギリだって
一人きりだって
負けたくないの
冗談じゃないわ
I don’t cry anymore
I don’t cry anymore

この曲が一番好き、一番最初にこの曲を書くmiwa神!
そんなコメントも沢山ありました。

魂が籠ってる曲。

最初の勢いというか、フレッシュさ?

私はそんなエネルギーが好きです。

miwa簡単プロフィール

1990年6月15日生まれ
神奈川県三浦郡葉山町出身
東京都育ち。
A型
身長149㎝

慶応義塾大学商学部卒業。

お父さんが音楽好きだったことから
小さいころから音に触れていたんだって。

それがこんなビッグアーティストになるなて。

何が夢に繋がるかほんと分からないですね。

デビュー10周年を迎えた彼女の今後にも期待したいです。

 

 

スポンサードリンク

第2回 milet 「us」

 

第2回は、
今月27日に待望の1stアルバム「eyes」をリリースする、
注目のシンガーソングライターmilet(ミレイ)が登場。
ドラマ主題歌にも抜擢され、
ストレートな恋の気持ちを歌った一曲「us」の
アコースティックバージョンを一発撮りで披露する。

 

5月27日に待望のファーストアルバムリリースって
私の誕生日じゃん!!!!!

 

新人アーティストさんも起用するんですね~~。

CD+Blu-ray

created by Rinker
¥4,950 (2021/10/21 13:21:44時点 楽天市場調べ-詳細)

CD+DVD

 

この時期に活動を始めるのは厳しい感じがするけど
再生回数すでに4,240,958 回視聴、5,9万の高評価が
ついてます。upしたの5月ですので、、、一か月ちょいで
この数字をたたき出すとかほんと凄いね。

海外からのコメントも多かったから
ステイホームでインターネット利用する人も
とても増えたんですね。

この先どうなるか分からないけど
技術の発展で、対応できることもとても多かった。

めんどくさくて取り入れなかった便利ツール
うまく使っていきたいね。

 

原曲はこちら

TVドラマ『偽装不倫』主題歌です。

 

発音が、英語をしゃべる人の日本語みたいですね~~。

 

 

スポンサードリンク

 

第3回 YOASOBI 「夜にかける」

 

YOASOBIのいくらさんが登場。

第3回は、
新曲「ハルジオン」をリリースしたばかりの
「小説を音楽・映像で具現化する」ユニット
YOASOBIが登場。

若い世代を中心に話題沸騰、
LINE MUSIC月間ランキングや
Spotifyバイラルチャートで1位を記録した
「夜に駆ける」をここだけのオリジナルアレンジで披露する。

この曲の素になったのは、この小説。

■原作:「タナトスの誘惑」(星野舞夜 著)
https://monogatary.com/story/33826

 

読んでからのほうが、この歌の世界観を理解しやすいですよ。

 

これ、しらスタさんも解説されてますが、
この歌の素になった詩があるんです。

これを読んでから聴くと、若者の気持ちが
少しは理解できるのかも。。。

1分で読めるから、読んで!!!としらスタさんも
叫んでます。

動画を見てから再生を止めてまた見たくなるので
先に見といて動画再生してね~~。

・原作:「タナトスの誘惑」(星野舞夜 著)
https://monogatary.com/story/33826
*動画の解釈はあくまでおしらの想像ね!

 

原曲はこちら

 

原曲はめっちゃ早いリズムです。

元気な曲かと思うけど、結構ハードな曲ですね。。。

今の若者って、、、幸せじゃないのかな。。。

経済的には豊かになったけど、
外に求める社会は、心が置いてけぼり。

悩んでる子は多いだろうな。

自分なりの幸せの形が見つかると良いね。
命を絶つ前に。

 

まとめ

いかがでしたか?

ステイホームが楽しくなるこの企画。

不安な今だからこそ、
勇気がもらえますね。

自分は大丈夫でも、子供たちは?とか
未来は??とかとか、とか。。。

 

上げだせばキリがない不安。

そこに囚われてないで
前向けるきっかけになるね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です