「THE FIRST TAKE」がヤバい!adiue、rude-α,中村未来登場

おはようございます、ひーかあちゃんです。

「THE FIRST TAKE」ってご存じですか?

今、中高生や若い世代に
絶大に人気のYouTubeチャンネル
でした。

我が家も子供たちがすごく好きみたいで
よく見てるのです。

で、聴かせてもらった楽曲がどれもヤバい!

すごいですね、アーティストって。

生のライブに行かなければ聴けないような
ぶっつけ本番のライブ感。

歌唱力一発勝負。白いスタジオにマイク一本と
最低限の音源が置かれ、そこで一発撮りするのです。

もう聴き惚れてしまって、
昨日は夜更かししちゃったです。

結構名だたるアーティストさんが肩を並べてて
その解説をしてるボイストレーナーさんもいるのですが、
その解説がとても面白くって。(しらスタさん)

何だこの企画は!!と思って詳しく調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

THE FIRST TAKE」とは?

ウイキペディアより。

(ザ・ファースト・テイク、THE F1RST TAKE)は
2019年11月より運営されている、
ミュージシャンによる一発撮りの
パフォーマンスを鮮明に切り取るYouTubeチャンネル、
並びにチャンネルの動画にて
催されるミュージシャンとのコラボレーション企画。

ルールは一つ。

「一発撮りのパフォーマンスをすること」

何も手を加えていない純粋な音楽って
魂に訴えかけられてるようで何度も聴きたくなりますね。

STAY HOME が言われた4月からは
「THE HOME TAKE」として~すべては家から始まった~
こんな時だからこそ、音楽を届けたい
全ては家の中から始まると
アーティストさんが一発撮りにチャレンジしてくれていて、
毎日聴きに来てしまいますと、
嬉しいコメントも多数寄せられています。

 

なんか、コンセプトにも感動し泣けて来てしまうけど
アーティストさんって、こんな時だからお仕事も減ってしまって
大変な事もあるだろうに、
私達に歌で元気を届けたいと言って
活動してくれてる。

その心意気に涙が出ちゃいますね。

それくらいアーティストさんにとっては
音楽が日常にあるものなんだなぁ。

そんなことを感じました。

普段ならNGになってしまうところも
ドキュメンタリーとして提供してるところも
素敵ですね。

ホント、コンセプトが素敵。

音楽を伝えたい、と音楽に関わる天才たちが生み出した
現代版の家に居ながら聴けるライブなのかもしれない。

「アーティストさんにはライブだと思って一発勝負で歌ってください」

と伝えているそう。
ご自身でアレンジを加えたりする人もいて
ファーストテイク用に撮られた楽曲は
どれも聴かせるものばかりでした。

気持ちが伝わってくる。ジーン。

泣きたくなった時、感動を求めたいときは
是非とも聞いてほしい曲ばかりです。

では、出演アーテイスト集めてみましたので
ご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

出演アーティスト紹介

 

1、adieu(アデュー)

 

2019年11月のどしょっぱつは上白石萌歌でした。

歌手の時は、adieu(アデュー)で活動されてるのですね。

映画ナタラージュの主題歌「ナタラージュ」で参戦です。

緊張してるけど、歌いだすとやっぱり素敵。

ジーンとします。

 

息使いまで聞こえてきて、耳元で歌ってくれてる感じがします。

これをBGMに仕事するとかとっても贅沢!
テレワークの人は、どうでしょうか?

怒られちゃうかな。

 

ちなみにミュージックビデオはこちら

 

映像がついてないのに、ファーストテイクも情景が浮かぶようで

アーティストのすごさを物語ってるなと思いました。

 

 

スポンサードリンク

 

2、Rude-a(ルードα)

 

YouTubeチャンネルより

AbemaTVの超人気恋愛リアリティーショー
「オオカミちゃんには騙されない」へ出演でも、
HIP-HOPファンのみならず、
多くのティーンエイジャーの間で
大きな注目を集め話題となり、
自身最高のヒット曲となった「It’s only love」を披露する。

 

私は知らなかったのですが、沖縄出身の新世代ラッパーでした。

ツイッターで見てみたら、ファーストアルバムリリースと
ありましたしたよ。

 

ツイートに出てくるコメントに人柄が現れますね。

平和な世の中になってほしいと思います。

 

原曲はこちら。自信最大のヒットとなった曲。

 

テレビで観ないアーティストさんも増えましたが、
実力派のアーティストさんは、テレビという媒体に囚われず
YouTubeやダウンロードの音楽配信で
活動される時代になってるのですね。

テレビから情報を得るしかなかった私達世代には
もう驚きの連続です。

実力溢れる若手を追って、若者が
YouTubeにくぎ付けになるのも
ホントよく分かります。私もくぎ付け(笑)

 

スポンサードリンク

3、Cö shu Nie(コシュニエ)

三回目はコシュニエさん

声の表情で魅せる切ないボーカルと、
繊細でカオスなバンドサウンドで2018年のデビュー。

アニメ「東京喰種:re」OPテーマにもなった
「asphyxia」をピアノの生演奏とともに
ここでしか見られない一発撮りで披露してくれてます。

コシュニエというバンドの中村未来さん。
作詞作曲とボーカル、ギター、キーボード、
マニピュレータと多彩な才能を見せる人物。

 

 

こちらもステイホーム中のファンに
愛を届けるメッセージ。

コンサートやライブが中止になる中
自分たちも模索しながらも
相手に愛を届けて。。。。

 

なんか、心が洗われます。

 

独特な世界観を持つアーティストさんって
増えましたけど、この曲も素敵ですね。

原曲はこちら。

 

こうやって見てみると、テンポを落として
歌詞の意味を聞かせてくれるアーティストさんが
多いのかなって思います。

アレンジでピアノ一本だけとか
ホントかっこいい。

ごまかしが叶わない世界での
一発勝負にピアノオンリーでくる。

実力があればこそですよね。

その実力も日々の積み重ねの上に
成り立つもの。

好きを突き詰めてる人はかっこいいです。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

「THE FIRST TAKE」第三回までまとめてみました。

続きはこちら。

youtubeチャンネル「THE FIRST TAKE」がヤバい!第4回~登場歌手集合!

リトグリが「THE FIRST TAKE」に登場!6/27リトグリオンデマンド配信!

THE FIRST TAKE 第13回~石崎ひゅーい他まとめ

THE FIRST TAKE 20回は世界中で話題の女王蜂!アヴちゃんから~

THE FIRST TAKE にStray Kids が初登場!韓国人気アイドルグループに迫る♪

 

実力一発勝負の音楽の本気の世界を見せてもらって
魂が感動して震えています。

ここまで読んでくださってありがとうございました♪

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です