youtubeチャンネル「THE FIRST TAKE」がヤバい!adieuも紅蓮華のLISAも登場!

 

こんばんは、ひーかあちゃんです。

youtubeチャンネル「THE FIRST TAKE」

ご存じの方も多いと思います。

「白いスタジオにマイク一本で。ルールは一つ。
一発撮りのパフォーマンスをすること」

歌う前の緊張感とか
真剣さとか
全部伝わってきて
ホントかっこいいんです。

その道のプロの本当の姿や
等身大の姿を見せてくれる感じがして
それもいい。

一気に見てみたくて、前回から順番に並べて
ブログにしています。そして、ボイストレーナーの
しらスタさんの解説動画がとっても面白いので
合わせてシェアしますね。

どんな人物なのか調べたり、
こんな活動もされてるんだと知れたり、
こんなアーティストさんもいるんだなと
発見があったり。
素敵な曲だなぁと感動したり。

とても楽しいです。

この企画のコンセプトに乗って
出演してるアーティストさんの実力に
アレンジしてよりシンプルに聞かせる感じが
何というか、圧倒されますね。

ホント凄いなと思います。

この企画のおかげで
ステイホームが愉しくなった人も
とても多いと思う。

 

私は、第一回から順番に聞いてみたくなったので、
順番に並べて、原曲とも比べられるように
調べてまとめますね。

このブログでは、第4回からまとめていきます。

第三回まではこちらをご覧ください。

是非読んでください。

 

 

スポンサードリンク

 

4、adieu(アデュー)上白石萌歌

 

第一回に登場し、早くも二曲目に挑戦です。
次にチャレンジした曲は、「天気」

 

 

 

2019年11月27日に発売になった「adieu1」から
新曲「天気」を引っ提げふたたび登場。

上白石萌歌の雰囲気が良く出てる楽曲ですね。

小袋成彬(おぶくろ なりあき)さんが書き下ろしたものだそうです。

日本の作詞家、作曲家、歌手、音楽プロデューサー、
ミュージック・ビデオ監督だそうですよ。

宇多田ヒカルが天才と認めた音楽プロデューサーなんですって。

 

原曲はこちら。

 

 

女優としては2012年にデビューしてますが、歌手としては2016年デビュー。最初は都内の高校に通う女子高生とだけ明かし、素性は隠していたそう。

第一回で歌った映画ナタラージュの主題歌を歌ったとき、実はadieuが
本人であると公表したのだそう。

綺麗な声ですね。

 

5、LiSA  紅蓮華(グレンゲ)

今大人気アニメ毀滅の刃の主題歌ですね。

この歌唱力ヤバいなと思うんだけど。

今までやって来たことが報われたって最初に語っています。

そういうのもジーンとしますよね。

テレビだと成功した後の姿しか観れないから。

2019年大ヒットした鬼滅の刃テーマソング「紅蓮華」

ピアノバージョンです。

 

 

 

ピアノの演奏だけでこのアップテンポを演出するって
その技術もヤバいですね。

ホントかっこいい。アニソンに限らず数多くのロックフェスで
活躍し、2019年紅白にも出場を果たします。

 

原曲はこちら。

 

 

和を感じさせるロックチューン!と言われてました。

この和装も素敵ですね♪

しらスタさんの解説動画はこちら

 

 

よりすごさが分かる。そして面白い!
お時間あったら是非見てみてくださいね。

HSP(人一倍繊細な特性を持つ人)の特性を生かした仕事。
こうやって、自分の才能が輝く居場所を見つけられるって
素敵な事ですよね。娘もそうあってほしいな。

 

これ見てると、なんか歌いたくなりませんか?

 

 

6、Rude-α – wonder

 

Rude-αが再登場!

公開後半年でMV再生回数200万回・ストリーミング再生回数も230万回超え、
ライブでも観客の大合唱が巻き起こるメジャーデビュー曲「wonder」を
一発撮りでパフォーマンスしてくれました。

あれからメジャーデビューを果たしたんですね!!すごい!

 

 

原曲はこちらです。

編集して現代の技術を駆使して最高のものをリリース。

それも素敵だけど、
一発撮りの本気の歌もまたいいです。

 

 

同じ歌でもいろんな表現があるんですね~。

 

 

7、石崎ひゅーい さよならエレジー

 

シンガーソングライター石崎ひゅーい。
菅田将暉に提供した楽曲「さよならエレジー」をセルフカバー。
一発撮りにチャレンジです。

 

全国でコロナ終息を願って一斉に花火が上がった時のツイートです。

シンガーソングライターなど芸術分野で活躍する人は
とても繊細な感性を持っていると思うのですが、
ツイート一つにもジーンとします。

その一つ一つが組み合わさって歌詞になり、歌になって行くんですよね。

そしてこんな素敵な歌になるんですね。

セルフカバー、聴かせます。一発撮りの真剣さもやっぱりいい。

自身初のセルフカバー原曲もありました。

 

▼2018.9.1@東京・キネマ倶楽部
「石崎ひゅーい 2018ピリオドツアー・バンドファイナル」

▼石崎ひゅーい「さよならエレジー」セルフカバー
音源配信スタート ♪

ダウンロード/ストリーミング
https://erj.lnk.to/vYWGKLY

一発撮りファーストテイクはスローでとても聴かせる。聞いててジーンとする。
そして生ライブの動画の配信は、また違った形で良い。

音楽に関して表現がつたなくてホント申し訳ない。。。

何と表現したらいいのか分からないけど
私ファーストテイク好きだなぁ。

アーティストの真剣一発勝負の空気感がとても好き。

素敵な企画をありがとうございます。

 

8、Cö shu Nie(コシュニエ)

 

第8回は、中村未来が再登場!第三回に登場した時とは
また違った雰囲気ですね。

 

2020年1月10日に劇場公開となる安達寛高(乙一)の
初長編監督作品「シライサン」に書き下ろした主題歌です。

「inertia」

 

不思議な雰囲気の曲ですね。

大切な人がいなくなった時の気持ちを歌った歌。
切なく歌い上げる哀し気な曲。彼女の声ともとてもよくあってる。

原曲は残念ながらありませんでした。

 

まとめ

 

今回は、第4回~8回に登場したアーティストさんを紹介しました。
同じアーティストさんが、二度、三度とチャレンジされているのですね。

一度やるとハマるのかな。

好きな事を本気で出せる場所が増えるのは
きっとアーティストさんにとっても嬉しいこと。

生ライブやコンサートに行かないとみられなかった素顔が
動画で観られるこの企画は、
中々外出できない今、とてもありがたいです。

 

次はリトルグリーモンスターが登場しますよ!是非そちらも合わせて

ご覧くださいね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です